【トゲが刺さった時の対処法】刺さったトゲが見えない時の抜き方は?

家族でキャンプやハイキングに行ったりすると、うっかりトゲが刺さることもありますよね。

もちろん、家の中に居ても、木製の家具の端っこなどを手で触ったり、植木の手入れをしててもトゲが刺さることもあります。

小さなトゲだからと放おっていたら、どんどん皮膚の中に食い込んでいって取れなくなってしまいます。

そこで今回は、トゲが刺さった時の対処法刺さったトゲが見えない時の抜き方についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク


トゲが刺さった時の対処法

トゲ 刺さった 対処法

トゲが刺さった時にやるべきことを順を追ってご紹介します。

 

 まず、どこにどんな角度でトゲが刺さっているのかを確認します。

いきなりあちこちを針で突いたりすると、かえって取れなくなってしまうので注意してください。

 刺さっているトゲの場所が確認できたら、その周囲を爪の先でギュッと押します。

こうすると刺さったトゲの頭が皮膚から出てきます。

 トゲの頭が見えたら、毛抜きで刺さっている角度のとおりに引き抜きます。

 トゲを抜いたら、そこからバイ菌が入って化膿しないように消毒液をかけます。

以上が、トゲが刺さった時にやるべき対処法です。

スポンサーリンク


刺さったトゲが見えない時の抜き方

トゲが刺さったけど、どこに刺さっているのか見えないこともありますよね。

何となく痛みで大体の場所の見当はつくけど、はっきりと刺さったトゲが見えない場合の抜き方をご紹介します

 まず、痛い部分に5円玉を当て、その5円玉の中央の穴に刺さった部分がくるように移動しながら押していきます。

この場合、5円玉の代わりに50円玉でも構いません

 大体の感覚で痛い部分を探し当てるようにするのがポイントです。

 ちょうどトゲが刺さった部分に5円玉の穴の部分を当てたら、さらに強く5円玉を押すとトゲの頭が皮膚から出てきます。

 最後は刺さっているトゲの角度を確認し、毛抜きで抜けばいいだけです。

5円玉や50円玉の穴の部分を利用すると、指先で押しながら探すよりも簡単です。

また、指先で押すよりも5円玉や50円玉を利用する方が穴の部分だけ力が入らないため、トゲの頭が出やすいのです。

 

まとめ

今回は刺さったトゲの対処法や抜き方をご紹介しました。

なお、刺さったトゲが見つからなくて放おっておいた場合、血管に入ったりして移動するのではないかと疑問に思う方もいるかも知れません。

しかし、刺さったトゲをそのまま放置しても、傷口が若干化膿する以外に何もありません。

大抵は次第に皮膚の外へと押し出されてきます。

皮膚の中に残ってしまったとしても、徐々に食細胞によって消えていくか、薄い入れ墨のような色素沈着が残る程度ですから心配はいりませんよ。

スポンサーリンク


コメントを残す