【偏頭痛の原因と対策】症状を自己チェック!1分で解消する方法とは?

偏頭痛で悩んでいる人って、結構多いですよね。

少しぐらいの偏頭痛ならまだ我慢できますが、ズキズキして我慢できないぐらい痛いこともあります。

そうなると頭痛薬を飲んだりするんですが、できれば薬に頼らずに治したい方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、偏頭痛の原因と対策、症状の自己チェック偏頭痛をたった1分で解消する方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク


偏頭痛の原因と対策は?

偏頭痛 原因 対策

偏頭痛の原因は、食べ物や気圧、雨、気候などの天気が関係していると言う方も多いようです。

また、カフェインやアルコールの取り過ぎだとか、ホルモンバランスの乱れから来ているという人もいます。

しかし、偏頭痛の原因は、肩こりや首筋のコリ、眼精疲労からきていることが多いのです。

 そのため、偏頭痛になったら、固くなった肩や首筋、目の周辺の筋肉をもみほぐして、血行を良くするようにすれば偏頭痛は治ります。

実際に偏頭痛があっても、知らないうちに治っていることってありますよね。

それは、日常活動で体が温まって血行が良くなったために、偏頭痛も解消したのです

 

 朝起きた時に偏頭痛になっていた場合の対策は、朝風呂に入ったり、サッとシャワーを浴びたりするだけで偏頭痛を治すことができます。

 また、時間がない場合は、肩や首筋の部分にドライヤーの温風を当てながら、片方の手でもんで凝り固まった筋肉をもみほぐるようにすると血行が良くなります。

 さらに、手足の付け根や脇、股関節などには血流の大きな流れの分岐点があるので、そこをドライヤーなどで温めるとより効果的ですよ。

 

偏頭痛の症状をチェックしてみましょう!

 偏頭痛の症状は頭が痛いだけでなく、38度以上の熱が出たり、目がチカチカするとか、手足がしびれ、めまい、吐き気などがすることもあります。

しかし、今まで偏頭痛だと思っていたのが、実際は緊張型頭痛や群発頭痛だったということも実際は多いのです

そこで、偏頭痛の症状をチェックしてみましょう。

  • 月に数回頭痛がある
  • 頭痛の持続時間は数時間続く
  • 頭痛になると、ズキズキする痛みがある
  • 頭の片方か両方が痛くなる
  • 吐き気がする
  • 音や光に敏感になる
  • 首筋や肩がこっている
  • 目の奥が痛い

以上の項目に該当する数が多いほど、偏頭痛であるということです

 ただし、頭痛がほぼ毎日起こっている場合や締め付けられるような重い痛み、激しい痛みなどがあるようなら緊張型頭痛や群発頭痛の可能性が高いです。

その場合は、早めに医療機関に行って診察を受けてください。

 

 

偏頭痛を1分で解消する方法

朝起きたら頭が痛い!

今から仕事なのに、頭痛薬を飲むと眠くなりそうで嫌だってことありますよね。

そんな時に、偏頭痛をたった1分で解消する方法をご紹介します。

やり方はとっても簡単です。

 自分の髪の毛を両手でつかんで引っ張ったり、ゆるめたりを1分間繰り返すだけです。

 髪の毛がない場合は、両手の指の腹で頭皮をやや強めに1分間だけマッサージします。

こうすることで、頭の周辺の血行が良くなって、ほとんどの偏頭痛は治ります。

ただし、この偏頭痛を解消する方法は一時的にしか効果はありません

なので、しばらくするとまた偏頭痛になる可能性があります。

しかし、一度偏頭痛が治まって体を動かしている内に、体全体の血行が良くなるので、偏頭痛が再発することも少ないと思います。

実際に私もこのようにして偏頭痛を克服しました。

 

まとめ

今回は、偏頭痛の原因とは何なのか、偏頭痛の症状をチェックできる項目についてご紹介しました。

また、偏頭痛をたった1分で解消する方法などについてもご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す