グルコサミンのサプリを飲むタイミングは?1日の摂取量はどれくらい?

グルコサミン 膝痛に効く

若い頃と比べて、ちょっとした段差でつまづくことがありますよね。

また、長く歩けないとか、歩くと膝の関節がきしむ、ヒザが痛い、そういった経験はありませんか?

その原因の多くは、ヒザの軟骨成分のグルコサミンが減少しているからだと言われています

 そのグルコサミンは、加齢と反比例して減少して行きます。

見た目の健康維持と同じように、ヒザや関節の健康にも気をつけたいですよね?

でも、ヒザや関節のことは、どうやって改善すればいいか分からない方も多いのではないでしょうか?

実は、全然そんなことは無いんです。

そこで今回は、グルコサミンのサプリを飲むタイミングと1日の摂取量などについてご紹介します。

スポンサーリンク


グルコサミンのサプリを飲むタイミングとは?

グルコサミン 飲むタイミング

ヒザや関節の痛みは、グルコサミン成分の入ったサプリを飲めば、軟骨成分を補って治すことができるんです

人間の日常生活に欠かせないのが、関節の動きです。

それが上手く動かせ無くなるのは辛いし、悲しいですよね。

グルコサミンは、ある事をキッカケに、急に無くなるものではなく、逆に、急に補いきれるものでもないんです。

 そのため、長い時間をかけて徐々に失われていくヒザの軟骨成分は、違和感を感じたときに、すぐに補い始めないと手遅れになってしまいます。

つまり、ヒザに違和感を感じている時が、まさに飲み始めるジャストタイミングということです

それをそのまま引き延ばしてしまうと、何もないとこで急につまづいたり、出掛けた先で転んだりしてしまいます。

また、スポーツが好きな人は、それさえも楽しめなくなってしまうんです。

スポンサーリンク


グルコサミンの摂取量は1日にどれくらい?

グルコサミン 摂取量 どれくらい

グルコサミンの1日の平均摂取量は、約1,000mg~1,500mgだと言われています

ただし、厚生労働省によって正確に摂取量が定められているわけではありません。

食べ物では、エビやカニの殻に多く含まれています。

 でも、そんなに毎日、甲殻類の殻などは食べられませんから、サプリメントで補うのが一番効率よく摂取できる方法です。

しかし、グルコサミンのサプリメントも何種類もあるので、どれを選んだらいいのか悩みどころですよね。

栄養摂取には問題ない!って方は、グルコサミンのみを含んでいるサプリでもいいと思います。

栄養不足も気になる(食事面で思うように摂取できない)人は、グルコサミンとコンドロイチン、ヒアルロン酸などが配合されているサプリメントがおすすめです。

私の母は、約3か月ぐらい前から「タマゴサミン」という名前のグルコサミンのサプリを飲んでいます。

 

その前までは、テレビCMでも有名な「グルグル、グルグル、グルコサミン♪」というグルコサミンのサプリを飲んでいました。

しかし、一向にヒザの痛みが解消しないので、「タマゴサミン」に変えてみたそうです

 すると、2か月過ぎぐらいから痛みがなくなって、階段の昇り降りや少々の長い距離を歩くのも大丈夫になったと言ってました。

グルコサミンの成分も、天然成分由来のものや、国産にこだわったもの、価格が安いものなど色々あります。

でも、自分の今の状態に合わせて選ぶのが一番のポイントだと思います

ちなみに、タマゴサミンのサプリは、試してみて効果がないならいつでも解約できるので、安心ですよ。

 

まとめ

軟骨の減少は手術でしか治らない、目に見えて経過が分からないから、もう諦めてる・・・。

グルコサミンは、そういった方の強い味方になれるサプリメントだと思います。

私の母も、70歳を過ぎた頃からヒザの関節が痛むので、病院で診てもらったら、ヒザのクッションの役割をする軟骨がすり減っていると言われたそうです。

それで、ヒザの軟骨成分を増やすために、色々なグルコサミンのサプリを試していました。

そして今では、ヒザ関節の痛みがなくなったそうです。

もしも、スポーツ好きだった方やジョギングが趣味だった方が、ヒザが痛いと悩んでいるのなら、もう一度笑顔になるためにグルコサミンを試して欲しいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す