あごニキビと首ニキビの原因とは?撃退法や改善法は?

あごニキビと首ニキビ

思春期の天敵であったニキビ、一度は別れを告げたニキビでした。

そんなニキビが大人になって、あごニキビ、首ニキビという名前を変えて、急に襲ってきました。

何故、あごや首にニキビが出来るのでしょうか?

私自身の体験談を踏まえながら、あごニキビと首ニキビができる原因と撃退法、改善法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

あごニキビや首ニキビの原因とは?

あごニキビと首ニキビの原因

いつの時代も、ニキビは女性の敵 ですよね。

憎き敵『ニキビ』の原因や撃退法を知れることで、多くの女性が、いつまでも素敵なお肌を保てるよう参考にしてください。

大人ニキビは、よく耳にする言葉ですが、あごから首にかけてのニキビに悩む人も、結構多いようです。

実際、私自身も首に赤いニキビが出来てしまい、かゆみでイライラしたり、目立って『恥ずかしい』と思ったり、とても嫌な苦い思いをしました。

「どうすれば治るかな?」と思い、原因を調べてみました。

すると、思春期にできるニキビでも、大人ニキビでも、その原因はアクネ菌や黄色ブドウ球菌といった、菌が関わっていることが分かりました。
 
また、ホルモンバランスの乱れや乾燥、血行不良なども原因として考えられるますが、中でも、ストレスや冷えが大きな原因になるようです。

私自身を振り返ってみても、首ニキビが出来たとき、仕事がとても忙しく、嫌な上司に理不尽なことを言われ、毎日胃痛に悩みながら過ごしていた時期でした。

あご下から首にかけては、顔に比べても角質は厚く、ターンオーバーが顔に比べて活発ではないようです

 そのため、首にできるニキビは、初期段階の白いニキビから、炎症が起きた赤いニキビや化膿した黄色いニキビに悪化しやすいそうです。

悪化したニキビは跡も残りやすくなり、最悪の場合は、ケロイド状態まで悪化してしまうため、十分なケアや予防が必要になります。

さらに、アクネ菌や黄色ブドウ球菌のほかにも、マラセチア菌が原因となってできるニキビもあります。

このマラセチア菌が原因であるニキビの場合は、皮膚科で受診した方が早く治ります

そして、赤く腫れたり、湿疹のようなかゆみが気になるようなら、早期に受診をすることが大切です。

ニキビの怖いところは、菌だけが原因ではなく、ちょっとした首元への刺激でもニキビが出来てしまうところですね。

 髪の毛があたるなどの物理的な刺激や、紫外線などの刺激でも、ニキビの原因になると考えられています。

季節によって、あごニキビや首ニキビが悪化するような場合は、マフラーやハイネックのセーターなどの刺激や紫外線が原因となっているかも知れませんね。

 

あごニキビや首ニキビの撃退法や改善法とは?

あごニキビと首ニキビの改善法

 そんな顎ニキビや首ニキビの撃退法としては、ストレス解消ももちろん大切な方法です。

私自身は、ストレスを減らすよう気分転換をしたり、友人に悩みを相談したりもしました。

ですが、一番効果がある改善方法は、保湿力のある薬用化粧品でのケアです。

保湿力のある化粧品で肌の乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を高めることで、十分に状態の改善が見込めるはずです

 私の場合は、やはり保湿力の高いメルラインという薬用化粧品に変えたことが、あごニキビや首ニキビの改善に一番効果的であったと感じています。

 

 

ただし、化粧品を変えても全く改善されない場合は、いつまで経っても治らないどころか、重症化していく場合もあります。

その場合は、医師に相談し、薬療法やホルモン治療をお勧めします。

 

まとめ

以上が、私自身の体験談を踏まえた、あごニキビと首ニキビの原因と治し方です。

基本的には、あごにできるニキビであっても、首にできるニキビであっても、顔にできるニキビと同様に扱います。

そして、しっかりと保湿力のある薬用化粧品でケアをすることで、あごニキビや首ニキビのできにくい肌へと変えていくことが大切です。

油分が少なく、保湿成分を含んだメルラインを使い、しつこいあごニキビや首ニキビを撃退しましょう。

 

コメントを残す