お正月の着物で子供はなにを着る?女性や男性の場合は?

お正月 着物

お正月の過ごし方は、家族によって異なりますよね。

家でのんりび過ごす人、海外旅行に行く人、親戚回りが忙しい人、中には仕事の人もいるでしょう。

しかし、海外旅行に行く人は難しいですが、家でのんびり過ごす人でも、親戚回りが忙しい人でも、初詣に行く人は結構多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お正月の着物で子供は初詣になにを着るのか、女性や男性の着物のあれこれについて紹介していきます。

お正月の初詣ぐらいは、家族仲良く着物で行けたら素敵ですよね。

スポンサーリンク

お正月の着物で子供は初詣になにを着る?

お正月 着物 子供

 

「お正月は着物を着て家族で初詣に行きたい、でも子供の着物はどうしたらいいの?」と、考えたことはないでしょうか。

お正月の着物姿って、とっても素敵ですが、子供の着物は難しいですよね。

 自前の着物を持っているのであれば、お正月もその着物を着れば、子供も考える必要はないですが、なかなか自前の着物を持っている人も少ないように思います。

わざわざ購入するのも選択肢の一つですが、一年に一度着る機会があるかないか、着物の使用頻度はその程度でしょう。

その一年に一度着る機会があるかも分からない着物を買うのは、なかなか勇気が要りますよね

特に子供の成長は予測も出来ないことですので、一年で急激に身長が伸びた、なんてことは当然起こりうることです。

 

そこで、お正月の着物で子供にお勧めなのが、着物のレンタルです。

「なんだ、レンタルか!」と、思う人もいるかもしれませんが、最近のレンタルはとても優れていて、とってもお得なんです。

 インターネットを使える人は、着物のレンタルをしてくれる楽天サイトを探せば、すぐに見つかります。

楽天で探す 子供の着物のレンタル

 

サイトもさまざまあり、送料が無料なお店、クリーニング不要のお店、キャンペーンで足袋をプレゼントしてくれるお店などもあります。

また、着付けのマニュアルがついたものから、レンタル期間が長いものまで、さまざまなサイトがセールスポイントを活かして、レンタルをしています。

価格もとてもリーズナブルで、安いものですと5泊6日のレンタルで1万円を切るものも存在しています

そのため、お正月の着物で子供は、レンタルをお勧めします。

 

お正月の女性の着物~歩き方を学ぶ~

お正月 女性 着物

 

お正月は、女性であれば着物を着たいという人も、意外と多いのではないでしょうか。

お正月に家族で着物を着て、初詣にでも行けたら最高ですよね。

しかし、お正月に限らず、女性の方で着物を着慣れているという人はどのぐらいいるのでしょうか、私はそれほど多くないと思います。

お正月に、女性が着物を着たい人は、是非、正しい動きのマナーを覚え、着物美人を目指してみましょう

 

まず、着物を着ると歩きにくいという人が、非常に多くいるかと思いますので、歩きやすくする方法を紹介します。

 着物で歩きやすくするには、裾割をすることをお勧めします。

 裾割の仕方は非常に簡単で、着付けが完成した後に、肩幅程度に足を開きます。

 そして、裾を左右に開くよう、膝を2回か3回ぐらい軽く曲げます。

 着物や裾回りが、窮屈でないと思えたら大丈夫ですので、その後は、上前と下前を正しく整えてください。

裾割をすることで着くずれも防ぎ、何よりとても歩きやすくなります

そのため、歩きやすくするポイントとして、裾割を覚えてください。

 

また、お正月に女性が着物で歩くときは、歩幅は狭いほうが美しく見えます

大股で歩くと裾が乱れていってしまうので、着物の裾回りに歩幅を併せれば、自然と内またぎみになっていきます

 着物を着ると自然と背筋も伸びるので、内またぎみで背筋が伸び、美しい姿勢で歩くことができます。

 

また、着物をきると、階段の昇り降りが大変だと思います。

着物での階段の昇り降りのポイントは、右手で裾を軽く持ち上げ、昇り降りすることです

 この時に、あまり持ち上げ過ぎないよう注意してください。

お正月には女性も着物を着て、美しい姿を自慢しましょう。

スポンサーリンク

お正月の着物で男性の着こなし方や歩き方とは?

お正月 着物 男性

 

お正月に着物を着ての初詣、男性もたまにはしてみたいですよね。

しかし、お正月に限らず、着物を着る機会がある男性なんて、あまりいないのではないでしょうか。

そこで、普段から着物を着なれない男性に、着物の着こなし方や歩き方について紹介します。

 

まず、着物での歩き方ですが、下駄や雪駄を履く場合は、スリッパやビーチサンダルを履くときの歩き方と同じで大丈夫です

 普通の靴の時と同じように歩くと、歩き方がかっこ悪くなるだけでなく、足も痛くなってしまうので気を付けてください。

 

次に、着物を着た時の姿勢ですが、姿勢は特に大切です。

姿勢によって見栄えが変わる、と言っても過言ではないでしょう。

 姿勢でNGなのは、猫背です。

普段から猫背の人は、いい姿勢とは言えず、良くない意味で目立ってしまいますが、着物で猫背は、はっきり言って最悪です

猫背は本当に見栄えが悪くなってしまうので、背筋を伸ばすように意識してください。

 

また、よくやりがちで、やってしまうとかっこ悪いのが、袖口に手を入れて腕を組むことです。

 なぜか着物を着ると、袖口に手を入れて腕を組む男性が多いように思いますが、その状態で歩くと、結局、猫背になっていってしまうので、やめたほうがいいですね。

もし、もっと着物の着こなし方を学びたいという男性がいましたら、時代劇を見ることをオススメします

時代劇には、着物をかっこよく着るヒントがいっぱい詰まっているのでオススメです。

お正月の着物姿、これで男性も大丈夫ですね。

 

まとめ

お正月は、子供や男性も女性も、家族みんなで着物を着て、初詣に行けたら最高ですよね。

ですが、子供は着物は、レンタルが便利ですし、とても安く着物を着ることができるのでオススメします。

女性は歩くとき、必ず裾割をしましょう。

裾割をすることで、格段に歩きやすくなると思います。

男性は、猫背をやめましょう。

猫背は本当にかっこ悪く、見栄えも悪いので、意識してください。

着こなし方の見本は時代劇にあるので、よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す