会社の新年会の挨拶の順番は?幹事の挨拶や乾杯の挨拶は何を言う?

会社 新年会

会社で行われる新年会、幹事の方は大変ですよね。

仕事でないとはいえ、もはや業務外の仕事のようなものですね。

幹事になると、参加される人に失礼のないように、いろいろ気を使うことだと思います。

とくに挨拶の順番などに頭を悩ませている幹事さんも多いのではいないでしょうか。

そこで今回は、幹事自身が行う挨拶、乾杯の挨拶を誰に頼むのかなどについて紹介していきたいと思います。

また、例文なども紹介していますので、これを読めば初めて幹事を引き受ける人でも安心して新年会に臨めると思います。

スポンサーリンク

会社の新年会の挨拶の順番は誰が決める?

会社 新年会 挨拶 順番

 

会社の新年会を仕切る幹事が、頭を悩ますポイントは、挨拶の順番や、挨拶を誰に頼むかというところではないでしょうか

会社にはさまざま役職があり、新年会にはさまざまな上司が参加します。

そんな中で挨拶の順番をどうするか、誰に頼むかは若手幹事にとっては、気を使う難しい問題だと思います。

そこで、会社の新年会における挨拶の順番について紹介をしていきます。

 

 まず、新年会の挨拶ですが、大きく分けて4つの挨拶があります。

新年会の4つの挨拶

 開演の挨拶

 はじめの挨拶

 乾杯の音頭の際の挨拶

 締めの挨拶

幹事をする人は、この4つの挨拶をそれぞれ誰がするか、誰にお願いをするか考えなくてはなりません。

ですが、安心してください。

ある程度挨拶を誰にお願いするか、マナーのようなものがありますので、紹介していきます。

 

 まず、開演の挨拶ですが、これは基本的に幹事が行えば問題ないと思います。

司会者が開演を告げるだけですので、短い自己紹介と、一言程度の挨拶で済ますのが基本です

 

 そして、2つ目のはじめの挨拶ですが、ここが一番大切なポイントです。

なので、会社のトップ、参加者の中で一番上の役職の人に頼むようにします

 ここであまり長く話されるのも困ったものですので、話が長そうな上司の場合は、事前に目安の時間を伝えておくといいでしょう。

 

 3つ目の乾杯の音頭は、比較的に融通がききます。

 はじめの挨拶からの流れで、そのままお願いするのもいいですし、別の人にお願いをするのであれば、3番目に役職の高い人に依頼する場合が多いです。

また、思い切って若手職員や新入社員などに頼む会社もあるようです

 

 最後の締めの挨拶は、もうお分かりだと思いますが、2番目に役職の高い人にお願いをします。

これで会社の新年会の挨拶の順番は、大丈夫ですね。

スポンサーリンク

会社の新年会で幹事の挨拶や乾杯の挨拶は何を言う?

会社 新年会 幹事 挨拶

 

会社の新年会で幹事をすることになった人、いろいろ大変ですよね。

挨拶はどうするか、席の配置はどうするか、いろいろ考えたり、やることが多いことでしょう。

そこで、会社の新年会での乾杯の挨拶や、幹事の挨拶について紹介をしていきます。

 

まず、会社の新年会の挨拶の基本ですが、幹事の挨拶は最初の開演の挨拶がいいと思います

 開演の挨拶は、会の開演を知らせるためのものですので、非常に簡単です。

短いほうが好まれるので、それほど深く考える必要もありません。

簡単な自己紹介と短い挨拶、料理やドリンクの紹介ぐらいでオッケーです。

 

次に会社の新年会での乾杯の挨拶ですが、そもそも誰に頼むか悩むところでしょう。

これはいくつか選択肢があり、オーソドックスでいくなら、参加者の中で役職が3番目に高い人にお願いするべきだと思います。

もし同じ役職の人が2人以上いるのであれば、一番年齢が高い人に頼むのがマナーです

 また、乾杯の挨拶の前に、はじめの挨拶を一番役職の高い人にお願いしていると思いますので、その流れで乾杯を依頼するパターンもあります。

そして最後に、若手社員や新入社員にお願いする方法です。

 

それでは最後に、例文を紹介します。

まず会社の新年会での、幹事の挨拶です。

みなさま、明けましておめでとうございます。

今回、新年会の幹事を務めさせていただきます、〇〇部〇〇課所属の〇〇です。

不慣れなため、至らない点をあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

さて、本日は新年会ということで、会社として1年のいいスタートを切ることができるよう、開会させていただきました。

いい1年になるよう、1年をしっかり乗り切れるよう、本日はたっぷり英気を養って頂ければと思います。

本日は、すき焼きと飲み放題2時間のコースになっておりますので、時間まで存分にお楽しみにください。

それでは、〇〇部長、はじめの挨拶をお願いいたします。

 

次に会社の新年会の、乾杯の挨拶の例文です。

みなさま、あけましておめでとうございます。

ご紹介にあずかりました〇〇です。

昨年は非常に忙しく大変な一年でした。

本年は事業をより確たるもにすべく、一層力を合わせ、励んでいきましょう。

今年も充実した一年になることを願って、乾杯!

 

まとめ

会社の新年会の挨拶の順番は、これでもう大丈夫ですね。

開演の挨拶は幹事、はじめの挨拶はトップの人が基本です。

そして乾杯の挨拶は、はじめの挨拶と併せてお願いする、上から3番目の人にお願いする、若手社員や新入社員にお願いするのどれかでしょう。

最後の締めは、上から2番目の人にお願いできれば完璧です。

幹事の挨拶は、開演の挨拶で短く済ましましょう。

何を話していいか困ったら、例文を参考にしてみてください。

素敵な新年会になるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す