飛行機の座席がエコノミーのビジネスマンの快適な場所はどこがいい?

会社の上司はいつも出張の時には飛行機を利用しています。

でも、ちょっと悩みがあるそうです。

実は、その上司はかなり太っていて、エコノミーの座席だと狭くて窮屈で、座っているのが本当に辛いそうなんです。

ビジネスクラスに乗れたらいいのですが、会社の出張というとやはりエコノミー席ですよね。

そこで今回は、飛行機の座席がエコノミーのビジネスマンはどこに座るのがいいのか、一番後ろの座席はリクライニングできるのか、太った人が快適な場所などについて紹介します。

スポンサーリンク


飛行機の座席がエコノミーのビジネスマンはどこがいい?

飛行機のエコノミー席の中で、ビジネスマンの場合はどこに座るのがいいのでしょう。

飛行機の座席には、窓側や通路側、前方、後方、など色々ありますよね。

 

  まず、窓側と通路側であれば、ビジネスマンなら通路側がおすすめです。

窓側は外の景色が見えるというメリットがありますが、仕事で出張のビジネスマンにはあまり関係ないですよね。

飛行中の時間は寝ているか、仕事をしているかどちからではないでしょうか。

通路側であれば、隣の人を気にせずに席を立つこともできます。

また、着陸した後、シートベルト着用サインが消えたらすぐに頭上の荷物を出すことができ、通路へ出ることができます。

 

  そして、前方と後方であれば、前方の座席がおすすめです。

ビジネスマンの場合は、1分1秒時間も無駄にしたくないものです。

飛行機から降りるのに時間がかかってしまうのは避けたいところですよね。

後方座席だと降りるまでに時間がかかりますが、前方座席なら比較的早めに降りることができます。

つまり、ビジネスマンの飛行機での座席のおすすめは、前方の通路側という事です。

 

飛行機の座席の一番後ろはリクライニングできるの?

飛行機のエコノミー席の場合、座席の一番後ろの席は、リクライニングできるのか疑問に思っている方も多いと思います。

一番後ろの座席は、機種によってリクライニングできない席があります

また、リクライニングできたとしても、座席後部の壁との空間が10cmぐらいしか空いてなかったりして、リクライニング十分にできない可能性があります。

また、飛行機は構造上、最後尾ほど機体の揺れが大きいです。

あと、後方にはトイレもあり、頻繁に乗客が行ったり来たりし、臭いが気になることもあるでしょう。

 

さらに、到着した時も一番後ろですから、出るのが遅くなってしまいますよね。

一番後ろの座席は飛行機の座席の中でも、サービスレベルが悪いです。

  そんな理由もあってか、一般乗客には割り当てられず、事前に座席指定する時でも指定不可でふさがていることが多いですね。

 

 

飛行機の座席で太った人が快適な場所は?

飛行機のエコノミー席の場合、普通でも座席は狭いですよね。

体重が100kgぐらいの方までなら、エコノミー席は十分座れると言われているのですが…。

でも、余りにも太った人の場合は窮屈に感じられるでしょうし、周りにも迷惑をかけてしまうのではと会社の上司も話していました。

 

そこで、飛行機の座席で、太った人にとって少しでも快適な場所を紹介しましょう。

  非常口前の座席

横幅は同じですが、非常口前のため、前方に座席がありません。

なので、前が広くて、ゆったりとしていますから、足を伸ばすことができます。

  最後部に近い窓側座席

前から順に横に3席並んでいる座席が、後方になると2席になっているところがあります。

その場所は、窓側に隙間ができるため、比較的にゆったりと座れます。

ただし、飛行機の機種や座席の配列によって、必ずそういう座席があるわけではないので注意しましょう。

 

まとめ

ビジネスマンが飛行機に乗る際、おすすめの座席は前方の通路側です。

前方はビジネスクラスなどの座席がありますが、その後すぐのエコノミー前方がおすすめです。

また、一番後ろの座席はリクライニングできない場合があるので、あまりおすすめできません。

私の上司のように太った方の場合は、座席の窮屈さが嫌なようですが、その場合は非常口前の座席が一番おすすめですよ。

スポンサーリンク


コメントを残す