若年性更年期障害になりやすい人とは?原因と症状チェック!

更年期障害って言ったら、高齢の女性がなるものだと思っていませんか?

実は更年期障害は男性にもあります。

しかも、若年性更年期障害というのがあって、早い人だと10代や20代、そして30代という年齢でも発症してしまうのです。

そこで今回は、若年性更年期障害になりやすい人とはどんな人なのか、その原因と症状のチェック項目の一覧などを紹介しましょう。

スポンサーリンク


若年性更年期障害の原因とは?

若年性更年期障害の原因はホルモンの減少だけではありません

元々、更年期障害とは、女性ホルモンのエストロゲンという物質が急激に減少し閉経する40代~50代前後の年齢の女性が多く発症します。

また、男性ホルモンのテストステロンという物質が40代後半~50代前半にかけて減少することで、男性も更年期障害を発症します

 しかし、女性ホルモンや男性ホルモンが減少する更年期にならなくても、10代~30代で更年期障害の症状と同じような症状になるのが若年性更年期障害です。

 

では、若年性更年期障害の原因が女性ホルモンや男性ホルモンの減少ではないとしたら、一体何が原因なのでしょうか?

若年性更年期障害の原因

  • 精神的ストレスや肉体的なストレス
  • 生活習慣や食生活の乱れ
  • 過度なダイエットの繰り返し
  • 初潮年齢が若年齢化していること
  • このような原因が若年性更年期障害を引き起こしてしまうと言われています。

     つまり、そうした原因が自立神経や体内リズムを狂わせ、正常なホルモンバランスを崩してしまうことで、更年期障害と似た症状が出るのです。

    その辺が若年性更年期障害が自律神経失調症やパニック障害、うつ病などとの違いでもあります。

     

    若年性更年期障害になりやすい人とは?

    若年性更年期障害になりやすい人は過剰な運動や食事制限をしてしまう人や喫煙習慣のある人も含まれます

     若年性更年期障害になりやすい人とは、その原因となる項目に多く該当して人ということになりますが、それだけではありません。

     過剰な運動や食事制限をする人

     喫煙習慣のある人

    これらに該当する人も若年性更年期障害になりやすいという検証データがあるそうです。

     

    過剰な運動をする人が若年性更年期障害になりやすい理由

    激しい運動をする人は若年性更年期障害になりやすい

    スポーツ好きな人が多いのですが、過剰な運動やトレーニングをする人は自分に厳しく、極端な食事制限をしたりします。

    そのため、ホルモンのバランスが崩れてしまい、若年性更年期障害を引き起こしてしまうのです。

     

    喫煙習慣のある人が若年性更年期障害になりやすい理由

    タバコを吸う習慣のある人は若年性更年期障害になりやすい

    喫煙の習慣のある人は、卵巣や精巣を巡っている血液の量が減少傾向にあります。

    そのため、卵巣や精巣の機能が低下し、正常なホルモンの分泌に悪影響を及ぼし、若年性更年期障害を引き起こしてしまうそうです。

    スポンサーリンク
    
    
    

    若年性更年期障害の症状のチェック項目

    若年性更年期障害の症状をチェックしてみてください

    若年性更年期障害になると、次のような症状があらわれます。

     あなたにも若年性更年期障害の症状がないかチェックしてみましょう。

    • 頭痛や胃痛がよくある
    • 肩がこりやすく、腰痛持ちである
    • 体のあちこちが痛い
    • めまいや耳鳴りがしている
    • すぐに動機や息切れがしてしまう
    • 月経不順や痛み、不正出血などがある
    • 疲れやすく、なかなか疲れが抜けない
    • 手足が冷えやすいが、顔だけはほてっている
    • 便秘や下痢を繰り返しやすい
    • 肌荒れがなかなか治らない
    • 白髪や抜け毛が急に増えてきた
    • 短期間に体重の増減が激しい
    • 食欲がない
    • トイレの回数が多い
    • 眠りが浅く、寝つきが悪い
    • 小さなことでイライラしてしまう
    • 感情の起伏が激しく、急に怒ったり泣いたりしてしまう
    • 注意力や集中力が急に低下した
    • 笑う回数が減ってきた
    • 仕事や家事をするのが嫌になってきた
    • 人と話すのが面倒くさくなってきた
    • 急に不安な気持ちになったり、劣等感に襲われる

    チェック項目は全部で22個ありますが、7つ以上に該当するなら、注意が必要です

    もしかすると、あなたも若年性更年期障害の疑いがあるかも知れません。

    ただし、あくまで 疑いがある というだけです。

     上記のチェック項目に多く当てはまり、実際に体調不良や精神的なストレスなどが続いているようなら、早めに病院で診てもらいましょう。

     

    まとめ

    このように、若年性更年期障害になりやすい人とはどんな人なのか、その原因と症状のチェック項目などを紹介してきました。

    あなたにも思い当たるところがありましたでしょうか?

    ちなみに、若年性更年期障害を予防する方法としては、女性ホルモンや男性ホルモンのバランスが崩れないようにすることです。

    そのためには、規則正しい生活習慣と栄養バランスのとれた食事だけでなく、適度な運動と睡眠、ストレスをためないことが大切ですよ。

    スポンサーリンク
    
    
    

    コメントを残す