バランスボールダイエットの簡単なやり方と方法とは?

バランスボールを使ったダイエット方法には色々あります。

しかし、ただ単にバランスボールに座っているだけで、自然と無意識のうちにインナーマッスルが鍛えられるという効果があるのがバランスボールダイエットなのです。

体の中から鍛えられますので、引き締まったバランスのとれた体へと導いてくれますよ。

そこで今回は、バランスボールダイエットのボールの選び方と座り方、簡単なやり方や方法、などについてご紹介します。

スポンサーリンク


バランスボールダイエットのボールの選び方と座り方

バランスボールダイエットの、まずはボールの選び方から説明しましょう。

身長が135~150cmであれば、45cm。

150~160cmで、55cm。

165~180cmで、65cmが目安です。

 

バランスボールダイエットの座り方

基本姿勢は、足を肩幅ぐらいに開き、背筋を正して、両手を体の横において、ボールに座ります。

その時、肩の力を抜いてリラックスします。

最初に軽くバウンドし、それだけでも筋肉が伸びたり縮んだりして、ストレッチ効果がありますよ。

スポンサーリンク


バランスボールダイエットの簡単な方法と上級ステップ

バランスボールダイエットの簡単な方法

1.基本姿勢をキープしたまま、片足をどちらか浮かせます。

2.次は、両足の膝同士をくっつけて、両手をバンザイし、この状態で片足を浮かせます。

3.1と2を目を閉じた状態で行います。

目標は30秒キープすることです。

そして、30秒ずつバウンドするだけなので簡単です。

 

バランスボールダイエットの、さらに上級ステップの方法をご紹介します。

1.基本姿勢で両手でバランスボールを押さえながら、片足ではなく、両足を浮かせます。

2.両手を真横に広げて伸ばし、両足を浮かせます。

3.両手を真横に広げて伸ばし、両足を伸ばした状態でバランスをとっていきます。

簡単な方法と比べると、バランスの取り方が結構難しいのですが、腹筋のインナーマッスルだけでなく、ウエストや内ももにも効いているのが分かります。

なので、ウエストのくびれや、太ももとふくらはぎなどの脚痩せ、下半身のダイエット効果もありますよ。

 

まとめ

バランスボールダイエットの簡単な方法、上級ステップのやり方などの一部を紹介してみましたが、いかがですか?

これなら、家の中でテレビを見ている合間にもできそうだと思いませんか?

わざわざエクササイズをする時間を設けなくてもできるので、私でも続けられると思っています。

バランスボールも1,000円前後で買い求めることができますから、余計なお金もかかりません。

なので、手軽なダイエット方法の一つとしておすすめです。

スポンサーリンク


コメントを残す