納豆の保存は常温と冷凍のどっちがいい?消費期限と賞味期限は?

納豆って体に良いですよね。

テレビでも納豆の特集とかやっていて、最近では若い人も納豆を食べる人が増えてきているそうです。

でも、納豆をたくさん食べようと大量に買ったのはいいけど、保存はどうしたらいいのか悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回は、納豆の保存は常温と冷凍のどっちがいいのか納豆の消費期限と賞味期限納豆を使った人気のレシピなどについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク


納豆の保存は常温と冷凍のどっちがいい?

納豆 保存 常温 冷凍

納豆を保存する場合、常温が良いのか、冷凍が良いのか迷いますよね

 実は、納豆などの発酵食品は常温で保存するのが基本ですが、一般的には冷蔵庫に入れて冷たいところで保存します。

また、長期保存する場合は冷凍することをおすすめします

なぜなら、常温で保存する場合、納豆菌による発酵が進んでいくので、納豆の表面に白いブツブツしたカビのようなものが出来てきます。

そして、さらに発酵が進むと変色したり、納豆本来の粘りがなくなって糸を引かなくなってしまいます。

これは冷蔵庫に入れて保存する場合でも、発酵のスピードが遅くなるだけで、結果的に同じ状態になってしまうのです。

ちなみに、納豆の表面に出る白いブツブツはアミノ酸の結晶なので、食べるとシャリシャリした食感がありますが、食べても害はありません。

ただし、糸を引かなくなった納豆は相当に発酵が進んだ状態なので、食べないほうがいいです。

 

 一方の冷凍保存した納豆の場合、冷凍した時点で納豆の発酵が止まるため、納豆が傷んだり白いブツブツが出ることはありません。

また、冷凍しても納豆菌が死滅するわけではないので、解凍すればいつでも美味しく食べることができます。

解凍した納豆を食べる場合は、前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍するだけで、冷凍前と同じ味と粘りがでるのですぐに食べれます。

ちなみに、茨城県にある納豆の製造工場でも、出荷する前の納豆は冷凍保存されているんですよ

 つまり、納豆を購入して消費期限までに食べるのなら常温よりも冷蔵庫に入れて保存します。

そして、大量の納豆を長期間ストックして置きたいのなら冷凍庫に入れて冷凍保存することをおすすめします。

 

納豆の消費期限と賞味期限は?

納豆 消費期限 賞味期限

 賞味期限とは、記載されているその日までならおいしく食べられますという意味で、賞味期限を過ぎて食べても害はありません。

一方の消費期限とは、記載されているその日までに食べないと品質が劣化して、食べると害を及ぼすおそれがあるという意味です。

納豆には賞味期限が記載されていますから、多少の賞味期限が過ぎたとしても食べれます

しかし、まったく消費期限がないわけではありません

納豆はもともと保存食ですから冷蔵庫で保存すればかなり長持ちはします。

なので、納豆のパックに記載されている賞味期限が切れても、約1週間ぐらいはぜんぜん大丈夫です。

 

私自身もは納豆は大好きなので、賞味期限が切れていても、ごく普通に食べています。

とは言っても、やはり納豆の消費期限と賞味期限は気になりますよね。

 納豆を冷蔵庫で保存している場合、夏は賞味期限よりも3日~4日間、冬は賞味期限よりも5日~7日間までを消費期限の目安としてください。

ただし、消費期限はあくまで目安なので、期間内であっても納豆をかき混ぜた時に糸が引かなかったり弱かったりするものは食べないほうがいいです。

それは発酵が進みすぎて納豆菌が死んでる状態なので、食べれないことはありませんが、本来の臭いではない変なニオイが出て、食感もおいしくないです。

ちなみに、納豆のパックに入っている練りがらしは解毒効果もありますから、できれば一緒に混ぜて食べるほうが安心ですよ

スポンサーリンク


納豆を使ったレシピで簡単で人気なのは?

賞味期限を過ぎた納豆を食べることに抵抗がある方もいらしゃるかも知れません

それなら、納豆に火を通すことで安心感もあると思います。

そこで、納豆を使った簡単で人気のレシピをご紹介しましょう。

 

そのレシピは、納豆チャーハン です。

用意するもの
・納豆1パック

・卵1個

・刻みネギ1パック

・ご飯

・チャーハンの素

 

納豆チャーハンの作り方

 まず最初に、フライパンにオリーブオイルを入れて熱します。

 そこにご飯とチャーハンの素を入れて炒めます。

 ある程度炒めたら、そこに溶き卵を加えてサッと炒めた後に納豆を1パックいれて炒めます。

 最後に刻みネギを豪快に1パック加えて軽く炒めたら完成です。

なお、刻みネギの分量はお好みで構いません。

我が家では納豆チャーハンは子供も大人気のレシピで、美味しいと言って何度もおかわりするので大量に作っていますよ。

 

まとめ

今回は納豆の保存は常温と冷凍のどっちがいいのか、納豆の消費期限と賞味期限について詳しくご紹介しました。

また、納豆を使った人気のレシピなどについてご紹介しています。

今回ご紹介した内容を参考していただければ、スーパーなどで納豆を大量に購入しても安心ですよね。

納豆を使った簡単なレシピとしては、そのままお味噌汁の中に入れて納豆汁にして食べても美味しいですよ。

スポンサーリンク


コメントを残す