オーブンとオーブントースターやウォーターオーブンとの違いって何?

最近のオーブンレンジって色んな種類がありますよね。

しかし、そもそもオーブンとオーブントースターってどんな違いがあるのかご存知ですか?

また、ウォーターオーブンやスチームオーブンの大きな違いって分かりますか?

そこで今回は、オーブンとオーブントースターの違いウォーターオーブンとスチームオーブンの違いをそれぞれ比較してご紹介しましょう。

スポンサーリンク


オーブンとオーブントースターの違いとは?

オーブンとオーブントースターの一番の違いは、パンをトーストするために特化したものかどうかの違いです

 つまり、パンをトーストするために特化したものがオーブントースターで、細かい温度設定などはできない作りになっています。

また、オーブントースターは調理する材料が熱源に近いため、どちらかと言うとグリルに近い仕組みですが、グリルほどの熱源の強さはありません。

しかし、トーストやピザなどが短時間でしっかりと焦げ目を付ける事ができます。

その他にも、魚のホイル焼きなどの簡単な焼き物料理とかフライや天ぷらなどをアルミ箔に包んで温める時などに重宝します。

ただし、短時間の調理に向いているため、調理する材料が大き過ぎると内部まで完全に火が通らない可能性もあります。

オーブンと比べるとオーブントースターの値段は安く、数千円で購入することができます。

 

 一方のオーブンやオーブンレンジは、蒸し焼き料理などの時間をかけてじっくりと調理ができる器具で、細かい温度設定もできるようになっています。

鶏の丸焼きなど蒸し焼き料理する際の長時間の調理に向いているため、調理する材料が分厚くても内部までしっかりと火が通ります。

その他にも、グラタンやローストビーフ、パン作り、クッキーなどのお菓子作りなどをする際に重宝します。

オーブンの値段は数万円からありますが、スチームオーブンやウォーターオーブンなどになると十数万円もするものもあります。

また、オーブントースターの熱源が電気だけなのに対して、オーブンやオーブンレンジの場合は電気やガス、蒸気が熱源となって調理する仕組みになっています。

したがって、オーブントースターはオーブンの簡易版みたいな物と考えたら良いかも知れませんね

 

オーブンとウォーターオーブンの違いとは?

オーブンとウォーターオーブンの一番の違いは、100℃以上に加熱した水蒸気で調理するかしないかの違いです

 つまり、ウォーターオーブンは300℃~500℃まで過熱された水蒸気を調理したい材料に吹き付けながら調理する仕組みになっています。

こうすることで材料から出る余分な油や塩分を取り除くことができます。

水蒸気を100℃以上に加熱しているため、食材の中まで十分に加熱することができるので、缶コーヒーや缶詰のまま温めたり、ゆで卵やレトルトパックの温めもできます。

ただし、魚などの焼き物とか、天ぷらやフライなどの揚げ物は、加熱した水蒸気で油分が飛んでしまうので注意してください。

シャープのヘルシオ(HEALSIO)などがこのウォーターオーブンになりますが、ヘルシオはスチームオーブンの機能もあるので主婦に人気があります。

したがって、ウォーターオーブンはオーブンレンジの種類の一つで、火力でなく100℃以上に加熱した水蒸気を使って調理することが大きな違いです

スポンサーリンク


オーブンとスチームオーブンの違いとは?

オーブンとスチームオーブンの違いは、100℃の水蒸気で調理するかしないかの違いです

 調理する水蒸気の温度が100℃しかないので、ほぼ蒸し料理しかできないのが特徴ですね。

したがって、スチームオーブンもオーブンレンジの種類の一つで、火力でなく100℃に加熱した水蒸気を使って調理することがオーブンとの大きな違いです。

 

スチームオーブンとウォーターオーブンの違いとは?

スチームオーブンとウォーターオーブンの違いは、調理に使う水蒸気の温度が100℃以上かそうでないかによって違います

 ウォーターオーブンはスチームオーブンに比べて、100℃の水蒸気をさらに加熱して500℃ぐらいまで高温にできるため料理の幅が広がります。

同じ水蒸気を使うオーブンでも、スチームオーブンが「蒸す」料理しかできないのに対して、ウォーターオーブンは「焼く」料理までできるのです。

ただし、スチームオーブンに比べてウォーターオーブンは、調理する度に庫内に水がたまってしまうのでこまめに掃除する必要があります。

どちらも普通のオーブンレンジと比べると価格も高いですよね。

 今人気のあるスチームオーブンレンジは、東芝の石窯ドームや日立のヘルシーシェフ、パナソニックのエレック、3つ星ビストロなどです。

スチームオーブンレンジの価格帯は、25,000円~90,000円ぐらいまでが人気があります。

一方のウォーターオーブンレンジは、シャープのヘルシオしかありません

ただし、ヘルシオの価格帯は、40,000円~90,000円までと同じヘルシオでも機能に違いで値段もだいぶ違うようですね。

 

まとめ

今回はオーブンとオーブントースターの違いやウォーターオーブンとスチームオーブンの違いをそれぞれ詳しくご紹介しました。

確かにウォーターオーブンは高熱に加熱した水蒸気によって焼く料理の余分な油分が落ちてヘルシーなところは魅力的ですね。

でも、私ならレンジとオーブン、グリル機能があって、スチームも使えるスチームオーブンレンジの方が料理の自由度が高いかなと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す