オーブントースターで作るケーキの焼き方とは?ゆで卵もできる!?

大きくて値段の高いオーブンがなくても、オーブントースターがあればケーキも焼けるってご存知ですか?

オーブンと比べるとオーブントースターは、温度調節もできないし、タイマーも短い時間しかないものが多いですよね。

でも、オーブントースターでケーキが簡単に作れちゃいます。

そこで今回は、オーブントースターで作るケーキの焼き方と、オーブントースターでゆで卵を作る方法についてご紹介します。

スポンサーリンク


オーブントースターで作るケーキの焼き方とは?

オーブントースター ケーキ 焼き方

オーブントースターで作るケーキの焼き方はとても簡単です。

 何も入れないプレーン味のケーキなら、オーブントースターの天板にアルミホイルを敷いて、そこに生地を薄く流し込んでください。

その状態でタイマーを約10分にセットして焼けば、ケーキ型なしでも簡単にプレーンケーキが出来上がります

 

次は、季節の果物を入れて焼き込んだフルーツケーキの作り方をご紹介しましょう。

用意する物は?

● ボール

● バター20g

● 砂糖50g

● 卵1個

● 薄力粉100g

● ベーキングパウダー小さじ1杯

● 季節のフルーツ(バナナ、イチゴ、パイナップル)など

 

フルーツケーキの焼き方

 ボールにバター20gと砂糖50gを加えてクリーム状になるまでよく混ぜ合わせます。

 そこに卵1個を割り入れてさらに混ぜ合わせます。

 混ぜ合わせが終わったら、その上から薄力粉100gとベーキングパウダー小さじ1杯を加えてよく混ぜ合わせます。

 オーブントースターの天板に合わせてアルミホイルを敷き、その上からバターを薄く塗った後で、混ぜ合わせた生地を薄く流し入れます。

 季節のフルーツ(バナナ、イチゴ、パイナップル)などを細かく1センチ角ぐらいに切り、それを生地に片寄らないように一つづつ埋めていきます。

 オーブントースターで焼く時間は大体12分ぐらいで、生地の表面に軽く焦げ目がついたら焼き上がりです。

ただし、メーカーや機種によっては庫内の温度差がありますから、焼く時間は調節してください。

 最初は10分ぐらいにタイマーセットして、焼き具合は見てから追加で焼く時間を伸ばしていく方が失敗はありません。

今回は季節のフルーツを入れたケーキの焼き方は紹介しましたが、フルーツの代わりにチョコやレーズンなどを入れて焼いても美味しいですよ。

スポンサーリンク


オーブントースターでゆで卵を作る方法

オーブントースター ゆで卵

ゆで卵って、お湯でゆでていると卵の殻が割れたりして中身が出ちゃうこともありますよね

そんな場合は、オーブントースターでやると失敗はありません

私はオーブントースターで「ゆで卵」もよく作っているので、その方法もご紹介しますね。

 まず、生卵をアルミホイルで1個づつしっかりと包みます。

 オーブントースターの天板の上に1個づつ間をとって並べます。

 その状態でタイマー約10分にセットします。

 焼き上がったら出来上がりです。

なお、焼き上がりの卵の固さは、好みに応じて焼く時間を調節してみてください。

 オーブントースターで作るゆで卵は、普通にお湯で作ったゆで卵とはひと味違った独特の美味しさがありますよ。

ゆで卵と言うよりも、「焼き卵」という感じに近いかも知れませんね

卵の殻もくっつくことなくきれいにむけます。

ちなみに、お祖母ちゃんに聞いたら昔は火鉢の中で焼き卵を作っていたそうです。

その当時の焼き卵の作り方は、卵を濡れた新聞紙で包んだ後、火鉢の灰の中に埋めて時間をかけながら作ったと言ってました。

それにしても、オーブントースターがあればケーキも焼けるし、ゆで卵ならぬ焼き卵も簡単に作れるので便利な電化製品ですよね。

 

まとめ

今回はオーブントースターで作るプレーンケーキとフルーツケーキの焼き方や作り方をご紹介しました。

また、オーブントースターを使った失敗しないゆで卵の作り方も詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す