貸衣装の着物にシミや汚れを付けた場合どうしたら良いのか?

貸衣装といっても、最近では高価な着物から安い着物までありますよね。

でも、貸衣装店で借りた着物に食べ物や飲み物などをこぼしてしまい、シミが付いてしまった場合、どうしたら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、貸衣装の着物にシミや汚れを付けた場合どうしたら良いのか貸衣装の返却時にクリーニング代は必要なのか、などについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク


貸衣装の着物にシミを付けた場合どうしたら良いのか?

貸衣装 着物 シミ

貸衣装の着物を着て、わざと汚す人はいませんよね。

なので、祝などの宴会の席でうっかりと食べ物や飲み物などをこぼして、着物にシミや汚れが付く場合も多いです。

そんな時は、まず最初にシミや汚れが着物の繊維の奥に染み込んでしまう前に、早めに手当をすることが大切です

 シミと言っても大抵の場合は、着物の一箇所や二箇所とかにちょっと付いたようなシミが多いはずですから、その時は下記のようにして応急的なシミ抜きをします。

 

貸衣装の着物のシミ抜き方法

 貸衣装の着物のシミ抜き方法は、シミが付いた側の反対側にタオルを当て、シミの部分を硬く絞ったおしぼりなどで叩くようにします。

 シミの部分に使うおしぼりは、何度も同じ部分を使うと逆にシミの付いていないところにまでシミが広がってしまうので、使っていない部分に替えながら行ってください。

そうして、シミの上から叩くおしぼりと、シミの下に敷いたタオルにシミを移していく感じてシミ抜きをしましょう

 

 着物の応急的なシミ抜きが終わったら、借りた貸衣装店に事情をよく説明して返却してください。

貸衣装店では、返却された着物は汚れがないか隅々までチェックされますから、そこでウソを言っても仕方がありません。

なので、正直にシミが付いたこと、何のシミなのかを説明することが大切です

スポンサーリンク


貸衣装の返却時にクリーニング代は必要?

 貸衣装店に借りた着物にシミや汚れが付いた場合、貸衣装の代金とは別にクリーニング代を実費として払う必要があります。

クリーニング代はシミや汚れの程度によりますが、大体、着物の合わせ訪問着で7千円~8千円ぐらいです

どうせクリーニング代を払うのなら、応急的なシミ抜きなんか要らないのではと思う方も多いかも知れません。

 でも、応急的なシミ抜きをやっていないと着物の繊維の奥にまでシミが広がってクリーニングしても取れない場合もあります。

そうなると、クリーニング代ではなくて、買い取りということにもなり兼ねません。

せっかく貸衣装で安く済ませようとしたのに、買い取りなんてことになったら、高い定価での値段を出す必要があるので、逆にすごく高くついてしまうことになります。

 

貸衣装の着物のシミがひどい場合はどうする?

着物に付いたシミや汚れがひどい場合は、無理に自分でシミ抜きをしようとしてはいけません

 自分でシミ抜きすることで逆にシミが広がったりするおそれがある場合は、貸衣装店にそのまま持ち込んで事情を説明するのがベストです。

 また、いくら近所に安いクリーニング店があるからと行って、そのお店でクリーニングに出すのはおすすめしません。

なぜなら、そんな安いクリーニング店は大きなドラムで他の衣類などと一緒に洗われて、着物が傷んでしまうことも少なくないからです。

 

まとめ

貸衣装の着物にシミや汚れが付いた時は、応急的なシミ抜きをしても良い場合と、自分でシミ抜きをしてはいけない場合がありますから注意してください。

また、クリーニングに出す場合でも、安いクリーニング店に持ち込むよりも、そのまま貸衣装店に返却して、そこでかかったクリーニング代を支払う方が結局は安くつくことが多いですよ。

スポンサーリンク


コメントを残す