格安航空会社のLCCピーチを利用した感想は?メリットとデメリットとは?

最近、どこか旅行へ行ったり遠出する際は、飛行機を使うものの、ANAやJALを使っていません。

なぜなら、使う航空会社はほとんど運賃の安い格安航空会社のLCC ピーチばかり利用しているからなんです。

私は機内でのサービスは、ほとんど必要ないですし、旅先まで連れていってくれればいいので、LCCで十分だと思っています。

そこで今回は、格安航空会社のLCCピーチを利用してみた感想やメリットとデメリットなどについて、ご紹介します。

スポンサーリンク


格安航空会社のLCCピーチを利用してみた感想

私はLCCのピーチを利用していて、サービス面で困ったことは、一度もありません

ただ、台風が近づいている時に乗った際は、すごく不安に感じたことがありました。

恐らく、機材が少ないということもあるのかもしれませんが、欠航になる便がかなり早くから決定していたように思います。

幸いにも私が乗る便は欠航にはならず、無事離陸することができたので良かったのですが・・・

 

それと、台風とか関係なしに、搭乗手続きや予約確認などで出発時刻が普通に遅れてしまうことが多いのは、今後の改善点の一つでしょうね。

なので、どこかで1機でも出発が遅れたら、後の便にどんどん影響し、最終便の時刻が遅れてしまうという結果になってしまいます。

 

先日は、成田-関西への最終便を予約しており、20:55分の定刻に出発予定となっていたのですが、到着便遅れのため、21:15分に出発変更と案内されてしまいました。

でも、結局もっと遅延してしまい、21:15分になって、やっと搭乗案内が始まり、実際に出発したのは、21:30分頃だったと思います。

そうなると、関西空港への到着が当初、22:25分の予定だったのが、23:00分過ぎになり、終電に間に合うのか本当に心配になりましたよ。

スポンサーリンク


LCCピーチのメリットとデメリットとは?

私が、国内線のLCC ピーチで一番利用している区間が、関西-成田です。

今までの中で一番安かったのが、片道3,900円ぐらいで、座席指定や支払い手数料など全て入れても、4,500円ぐらいで収まりました。

そんな格安な値段で乗ることができて、LCCの利益は一体どこから来ているの、不思議に感じがしたことが印象として残っています。

10,000円を切るどころか、5,000円を切る値段で飛行機に乗れるなんて、信じられないですよね。

 

そんな格安な価格で飛行機に乗れるというメリットもありますが、実はデメリットもあるんです。

座席指定や荷物を預けるにしても、すべて有料というデメリットです。

ANAやJALなどの航空会社で普通に無料でついていることが、すべて有料のオプションになっている感じですね。

それと、格安運賃で運行するため、その料金をペイするには、最大で運べる乗客の数を多くする必要がありますよね。

そのため、座席の幅がANAやJALなどの航空会社と比べると、LCC(格安航空会社)ピーチは結構狭いし、機内持ち込みの荷物も制限されるのが、もう一つのデメリットです。

 

まとめ

格安航空会社のLCCピーチを気に入って、いつも利用していますが、一番の心配はやはり遅延ですね。

ここ数回利用している中で、始発便が遅れることはないのですが、最終便になると、そういうことも想定しておかないといけないことがよくわかりました。

予定が決まっていて、時間通りに行かないといけない時などは、LCCピーチは避けた方が無難かもしれません。

ただし、運賃をかなり抑えられるので、時間を気にしない時であれば、十分だと思いますよ。

スポンサーリンク


コメントを残す