1. TOP
  2. 生活
  3. 冷凍庫に保存する期間はどのくらい?失敗しない保存方法とは?

冷凍庫に保存する期間はどのくらい?失敗しない保存方法とは?

生活 この記事は約 6 分で読めます。

冷凍庫って長期保存ができるので便利ですよね。

でも、冷凍庫に保存した肉や魚などの食材は一体どれぐらいまで美味しく食べられるのか分からない方も多いと思います。

中には冷凍庫に保存してたけど、食品が変色してたり変な臭いがしてダメにしてしまった経験がある方もいらしゃいるかも知れません。

そこで今回は、冷凍庫に保存する期間はどのくらいが一番良いのか冷凍庫に入れて失敗しない保存方法などについてご紹介しましょう。

Sponsored Link

冷凍庫に保存する期間はどのくらい?

冷凍庫 保存 期間

[icon image=”point-b-r”] 一般的に家庭用の冷凍庫で保存する場合の目安は、大体 3ヶ月間 ぐらいです。

しかし、下記の条件によってその保存期間も違ってきます

[colored_box color=”light‐green” corner=”r”][icon image=”point1-1-b”] 扉を開閉する回数

独立した業務用の冷凍庫と違って家庭用の冷凍庫の場合は、扉を開け閉めする回数が多くなりがちです。

扉の開閉回数が多くなればなるほど庫内の温度が上がり、保存している食品の表面が溶けたり凍ったりを繰り返すことになるので食品の劣化が早くなります。

[icon image=”point1-2-b”] 冷凍庫内の温度

家庭用の冷凍庫の場合、庫内の温度は-18℃ぐらいまでしか下がりません。

一方の業務用の冷凍庫の場合は、-50℃ぐらいまで下げることができるので食品の保存期間も長くできます。

[icon image=”point1-3-b”] 食品の種類

冷凍した食品でも、肉や魚、野菜、果物、ご飯、パンなどによって賞味期限が違います。[/colored_box]

 

そこで、家庭用の冷凍庫で保存した食品を美味しく食べられる賞味期間の目安を、食品別にご紹介しましょう。

[colored_box color=”light‐green” corner=”r”]● お肉:14日~30日間

● お魚:30日~40日間

● 野菜:60日間

● 果物(フルーツ):60日間

● ご飯・パン:40日間[/colored_box] [icon image=”point-b-r”] つまり、食品の保存期間の大体の目安は約3ヶ月間ですが、食品の違いで賞味期限がこのように違うということです

なので、家庭用の冷凍庫で保存した食品を解凍して調理する場合は、上記の美味しく食べれる賞味期限内に使うようにしてください。

 

冷凍庫に保存した食品の管理方法

冷凍庫に入れて保存した色んな食品を美味しく食べるための管理方法をご紹介しましょう

その方法はとっても簡単です。

[colored_box color=”light‐green” corner=”r”]まず、冷凍している食品と冷凍した日付けをメモ用紙に書きます。

そして、そのメモ用紙を冷凍庫の扉にマグネットで留めておくだけです。[/colored_box] [icon image=”point-b-r”] こうすることで、冷凍庫にどんな食品をいつ入れて、いつまでに解凍して食べたら良いのかが一目で分かります。

何よりも、冷凍庫に入れっぱなしにして食品をダメにするのを防止できるのがメリットですね。

Sponsored Link

 

冷凍庫で失敗しない保存方法とは?

冷凍庫で失敗しない保存方法で大切なことは、食品によって冷凍の仕方や方法を変えることです

これをするだけで、冷凍庫で保存した食品のもちや質がずいぶん違ってきます。

それでは早速、冷凍庫で失敗しない保存方法についてご紹介しましょう。

 

[colored_box color=”light‐green” corner=”r”][icon image=”point1-1-b”] 肉や魚の水分を取る

肉や魚を冷凍する場合は、あらかじめ余分な水分を取ってから冷凍するようにしてください。

[icon image=”point-b-r”] それをしないで冷凍した場合、肉や魚に付いている余分な水分が凍って、中の細胞膜が破壊されてしまいます。

そうなると、肉や魚が水っぽくなったり、変に生臭くなってしまい、食感も悪くなりますし、美味しさがガクンと落ちてしまいます。[/colored_box] [colored_box color=”light‐green” corner=”r”][icon image=”point1-2-b”] 温かい食品は予冷をする

[icon image=”point-b-r”] 調理してまだ温かいままの食品をすぐに冷凍庫に入れると、庫内の温度が一気に上がってしまい、その他の冷凍食品にも悪影響を及ぼしてしまいます。

そのため、温かい食品はあらかじめ冷ましてから一旦冷蔵庫で冷やし、十分に冷えたら冷凍庫に移す2段階方式でやるようにしてください。[/colored_box] [colored_box color=”light‐green” corner=”r”][icon image=”point1-3-b”] 小分けしてパックする

大きな肉や魚を冷凍する場合、そのまままるごと冷凍庫へ入れてはいけません。

中には大きなブロック状の肉や魚をそのまま冷凍した物を解凍し、その時に使う分だけカットして、再度また冷凍するって方も多いと思います。

[icon image=”point-b-r”] しかし、それをやるとせっかくの美味しい肉や魚の細胞膜が壊れてしまうだけでなく、冷凍して美味しく食べれる賞味期限も短くなってしまいます。

なので、大きな肉や魚を冷凍する場合は、最初から1回に使う分だけ切り分け、小分けパックしてから冷凍保存するようにしてください。[/colored_box] [colored_box color=”light‐green” corner=”r”][icon image=”point1-4-b”] 空気を抜き密閉する

[icon image=”point-b-r”] 冷凍する食品は一つづつサランラップで包み、中に空気がないようにしっかりと密閉状態にしてから保存するようにしましょう。

なぜなら、新鮮な食品でも空気にふれることで、次第に酸化が進んで鮮度が落ちてくるからです。[/colored_box]

このように冷凍する場合でも、素材のまま冷凍するものと調理後に冷凍するものによって、下処理や冷凍の仕方も違ってきます。

なので、食品や調理法に応じて上手に冷凍保存するようにしてくださいね。

 

まとめ

今回は、冷凍庫に保存する期間はどのくらいが一番良いのかについて、肉や魚、野菜などの食品ごとに詳しくご紹介しました。

また、冷凍庫に入れて失敗しない保存方法などについてご紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

気になる生活情報!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

気になる生活情報!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 体操着袋でナップサックの作り方のポイントは?持ち手付きの作り方を伝授します!

  • 池井戸潤のドラマで銀行マンの半沢直樹の原作を読んだ感想と評判

  • キャベツの芯を再利用しておいしく食べる方法!芯のくりぬき方は?

  • 【ぬいぐるみの洗い方】洗剤や乾燥はどうする?大きいぬいぐるみは?

  • 喪中はがきの文面の書き方!句読点や日付で注意する点は?

  • 上履き袋のサイズで幼稚園はどれぐらいで作ればいいの?裏地ありの作り方は?