長ネギの賞味期限は、常温と冷凍ではどう違う?みじん切りの賞味期限は?

長ネギ

様々な料理に使うことが出来る長ネギは、野菜としても薬味として使っても美味しく、家庭に常備されていれば安心だと思う方も多いようです。

確かに、お味噌汁に入れても豆腐にのせても、ソーメンなどの薬味に使っても非常に美味しいですよね。

そこで今回は、そんな長ネギの賞味期限についてみていきたいと思います。

常温であればどれぐらい大丈夫なのか、長ネギの冷凍の賞味期限、みじん切りの賞味期限がどれぐらいなのかということを紹介していきます。

知っておいて損はない情報だと思いますので、是非読んでもらえればと思います。

Sponsored Link






長ネギの賞味期限は常温でどれぐらい?冷凍での賞味期限は?

 

 長ネギの賞味期限については、常温であれば1か月程度冷凍なら賞味期限は1か月程度となっています。

詳しく見ていきますが、まず長ネギの保存方法はいくつかあります。

一番いい方法が、泥付きの状態で冷暗所に保存する方法で、この場合の賞味期限が1か月程度となっています。

保存の仕方は、購入したときに袋に入っているものであれば、袋から出してしまい、新聞紙で包みます。

 そして、紙袋や段ボールなどでもいいのですが、直立した状態で保存をするのがポイントになります。

袋に入れた状態にしておくと、どうしても蒸れてしまい、それが傷みにつながります。

新聞紙で包むことで、湿気から守ることができるのです。

 

ちなみに冷蔵庫で保存をするという場合は、1週間程度は問題ありません

 その場合のコツですが、やはり直立の状態で保存をするということになりますので、まずは直立の状態で保存をできる高さにカットする必要があります。

さらにサランラップなどで、空気に触れるのを防ぐよう、しっかりと包みます。

他の野菜でもそうなのですが、カットをしてしまうと、その部分から酸化してしまいますので、ラップで密閉するよう心がけてください。

なお、1週間経ってしまった長ネギは冷凍させましょう。

そうすれば、賞味期限は1か月ぐらいは問題ありません。

ちなみに、長ネギの賞味期限は、常温で正しく保存をすれば1か月程度と言いましたが、これは冬場の寒い時期に限ります。

 暖かくなってしまいますと、どうしても傷みやすくなりますので、早めに使って余ったものは冷凍するよう気を付けてください。

凍らせてしまえば、冬場だろうが夏場だろうが賞味期限は1か月程度大丈夫です。

Sponsored Link


長ネギをみじん切りしたら賞味期限はどれぐらい大丈夫?

 

 長ネギをみじん切りにしたときの賞味期限ですが、正しい方法で保存をしていれば、1週間から2週間ぐらいは新鮮な状態を維持することができます。

長ネギのみじん切りで、賞味期限を延ばすための正しい保存方法を紹介します。

用意するもの
● キッチンペーパー

● タッパーです。

 

 タッパーの中にキッチンペーパーを敷いてあげて、その上に長ネギを入れます。

 そして冷蔵庫に入れれば終了です。

 あとは2日ぐらい経過すると、キッチンペーパーが湿っていきますので、新しい物に交換をしてあげます。

こうすることで、みじん切りにしてしまったものでも、賞味期限は2週間程度まで大丈夫です。

なお、冷凍ならばもっと長持ちさせられるのではないかと、考えている人も多いと思います。

ですが、実は冷凍にしても刻んでしまったものは、2週間ぐらいが鮮度を保つ目安と言われています。

 

一応、刻んでしまった時の冷凍保存の方法も紹介をしておきます。

用意するもの

● ビニール袋

● タッパーまたはジッパーのついた保存袋になります。

 

  最初の1週間はビニール袋に入れましょう。

 その時のポイントは、空気を入れた状態にしておくということです。

  1週間が過ぎたら、1度取り出し、固まっているものをバラバラになるよう袋ごとよく振ってあげましょう。

  そしてバラバラになったら、今度はタッパーかジッパーのついている保存袋に入れ替えを行います。

保存袋を使う時は、空気を抜くことを忘れないようにしてください。

以上が冷凍の方法になりますが、冷凍にしても2週間ぐらいしか鮮度は維持できません。

なので、後々の手間を考えると、冷蔵にしておくほうがいいのではないかと個人的には思っています。

 

まとめ

長ネギの賞味期限について、常温であれば正しく保存することで1か月ぐらいは問題ありません。

ポイントしては冷暗所に保存すること、泥がついたままのものであること、直立の状態で保存することになります。

冷凍の場合の賞味期限も1か月ぐらいが目安となっています。

みじん切りをしたときの賞味期限は、冷蔵でも冷凍でも2週間ぐらいになりますので、手間を考えると冷蔵のほうが楽だと思います。

これまで正しい保存方法を知らなかったという方は是非実践してみてくださいね。

Sponsored Link





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください