引っ越しの挨拶はいつまでに済ませるのが礼儀?手土産は何がいいの?

引っ越し

社会人になって初めて一人暮らしをするという人も多いでしょう。

親元を離れて一人で生活をする、大変ですが大事な経験ですね。

ですが、初めての一人暮らしに不安もあれば、そもそも引っ越しのマナーも分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、引っ越しの挨拶はいつまでに済ませるのが礼儀なのか、手土産は何がいいのかということを紹介していきたいと思います。

初めてのことだらけで分からないという方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



引っ越しの挨拶はいつまでに済ませるのが礼儀なの?

 

引っ越しの挨拶はいつまでに済ませるのが礼儀なのか、それはずばり引っ越しから一週間以内にするのが礼儀と言えます。

 もちろん挨拶は早ければ早いに越したことはありません。

いつまでが失礼にあたらないかと知っておくことは大切ですが、可能な限り当日に済ませることができれば一番だと思います。

ですが、引っ越し当日は夕方になってしまったりすることもありますので、あまり遅い時間に挨拶に行くのも失礼になってしまいます。

その場合は当日は控え、翌日以降にするようにしましょう。

 また、伺う時間やタイミングなども配慮が必要です。

平日でも土日でも同じですが、当然早すぎる時間や遅すぎる時間は論外ですし、ご飯を食べているような時間も避けたほうがいいでしょう。

ですから午前中であれば、10時から11時ぐらい、午後からであれば2時ぐらいから6時ぐらいにするようにするのがお勧めですよ。

 そして少し配慮が必要なのは、ご高齢の方が住んでいる場合です。

ご高齢の方は食事を早い時間にとる傾向にあります。

夕方5時ぐらいには晩御飯を食べているという方も多いので、ご高齢の方が住んでいると分かっていれば、夕方5時までには行っておいたほうがいいでしょう。

 また、挨拶はどこまでするべきなのかということも知っておきたい疑問だと思います。

これは、マンションか一軒家なのかによっても異なります。

マンションの場合であれば、隣の部屋と上の部屋と下の部屋、そして管理人がいるところであれば管理人さんにも行っておきましょう。

一軒家であれば、向かいの家と裏の家、それから隣は3軒ずつ行っておくと好印象だと思います。

スポンサーリンク



引っ越しの挨拶、手土産は何が喜ばれるの?

引っ越しの挨拶の際に悩むのが手土産ですが、基本的にはどんな人でも使うものや食べられるものがいいでしょう。

 高級なものだと相手も気を使ってしまうので、金額としては500円から1000円ぐらいでまったく問題はありません。

それでは、引っ越しの挨拶の手土産を具体的にいくつか紹介していきたいと思います。

 まず、遠方から引っ越しをしてくる人であれば、地元のお菓子なんかが喜ばれます。

また、地元の物でなくてもお菓子の詰め合わせは無難ですので大変お勧めです。

消耗品でお勧めなのは、入浴剤のセットや、洗剤などの台所用品のセットなんかもお勧めです。

最近では挨拶用のトイレットペーパーのギフトなんかも販売されていますので、それもお勧めです。

 逆にお勧めできない手土産もいくつか紹介をしておきます。

まず、よくありがちなタオルです。いくら使う物と言っても、だいたいどこの家庭でもタオルはあまるぐらい持っているものです。

ですから、できることなら避けたほうがいいでしょう。

それから、洗濯用の洗剤もよくある品ですが、最近は液体タイプしか使わないという人も増えているようですので、あまりお勧めはできません。

食べ物の場合、昔から定番は蕎麦だと思われる方もいるかもしれませんが、アレルギーの人もいるので、これも避けたほうがいいでしょう。

以上のことを参考にしながら、あまり悩み過ぎずにシンプルに考えてみてくださいね。

 

まとめ

引っ越しの挨拶はいつまでかという疑問については、一週間以内であれば失礼にはあたりませんが、できる限り早いに越したことはありません。

当日に行けるのであれば一番いいですし、当日が無理な場合でも2、3日のうちには済ませておきたいですね。

また、手土産についてはいくつかお勧めを紹介してみたので参考にしてみてくださいね。

金額は500円から1000円ぐらいで問題ありません。あまり深く悩まずにシンプルに考えれば大丈夫ですよ。

スポンサーリンク


 

コメントを残す