退職届は手書き?パソコンでも良いの?用紙やペンは?

退職届 手書き

退職を考えている人が、退職に向けてすることは、まず退職届を書くことです。

ですが、退職届を書き慣れている人なんてあまりいるはずもなく、多くの人が、退職届について悩むのではないでしょうか。

そこで今回は、退職を考えている人に向けて、退職届は手書きにするのかパソコンでもいいのかという基本的なところから、手書きあれば用紙やペンはどのようなものを使ったらいいのかというところまで、分かりやすく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

退職届は手書きで書くべきか?パソコンでもOKか?

退職届 手書き パソコン

 

退職届を書くときにまず悩むことは、手書きでなければダメなのか、パソコンでも大丈夫なのかということではないでしょうか。

一昔前、パソコンが普及していない時代でしたら、退職届は手書きで書くものというのが一般常識でした。

しかし、パソコンが当たり前になっている現代では、どうなのでしょうか。

 

結論から言うと、退職届は手書きでなくても、パソコンでも問題ありません

 会社によっては、フォーマットを用意してくれているところもあるようですし、インターネットを探せば、いくらでもひな形が探せます。

退職届は、会社を辞めたい人が一方的に意思表示をするものですので、会社側には受け取りを拒否をする権限はありません。

出された退職届は、受理をするしかないため、パソコンで作成したものでも全く問題はないのです。

しかし、一つだけ注意をすることがあります。

それは、分かっている人も多いかもしれませんが、署名は手書きですることです。

 なぜなら、退職届は退職する自分の意思を示すものなので、パソコンの印字だけでは、たとえ自分の名前が入っていても、本当に自分の意思表示なのか分からないからです。

自筆で署名をすることで、初めて自分の意思を示す退職届になるので、パソコンで作成する場合でも署名は必要です

もちろん、署名の下には押印も必要なことは、言うまでもないことだと思います。

退職届は手書きでもパソコンでも構いませんが、パソコンであっても必ず署名、捺印はするようにしましょう。

スポンサーリンク

退職届を手書きで書くときの用紙とペンは?

退職届 手書き 用紙

 

退職届はパソコンでも手書きでも構いませんが、やはり手書きで書く人のほうが、依然として多いのでないでしょうか。

そして、手書きで書くと決めた人が、次に悩むことは、用紙をどうするか、退職届を手書きで書くためのペンをどうするか、ということではないでしょうか。

 

一般的に、退職届を手書きで書く場合の用紙は、無地のものを選びます

色つきがダメというわけではないですが、無地を選ぶのが社会通念上のマナーと言えます。

 できれば、罫線も入っていないほうが好ましいですが、無地の用紙はコンビニでも100円ショップでも簡単に手に入るので安心してください。

 

次に、退職届を手書きで書く場合の、ペンについてです。

 結論から言いますと、鉛筆やシャーペンでなければ、普通のサインペン、ボールペン、筆ペンなど、どれでも問題はありません

筆ペンは技術がいりますので、書き慣れていない人は、サインペンかボールペンがいいのではないでしょうか。

慣れている人は、筆ペンで書くことで、なおさら決意が固まるかもしれませんね。

また、ボールペンやサインペンは水性か油性か、些細なことで迷う人もいるかもしれません。

 しかし、一般的に水性を使う人のほうが多いようですが、これはどちらでも問題ないので安心してください。

退職届を手書きで書くとき、用紙は必ず無地のものを選ぶようにしてください。

そして、同じく退職届を手書きで書くとき、ペンは基本的に何でも大丈夫ですが、書き慣れているサインペンかボールペンがいいでしょう。

 

まとめ

退職届は手書きで書いてもパソコンで書いても、全く問題はありません。

最近は会社で、フォーマットを用意している会社もあるぐらいですので、堂々とパソコンで出しても大丈夫です。

しかし、署名は必ず自筆でする必要がありますし、もちろん押印も必要なので、そこだけ忘れないようにしてください。

退職届の用紙は無地を選びましょう。

コンビニでも100円ショップでも、簡単に購入できます。

退職届を手書きで書く場合、ペンはサインペンかボールペンが無難でしょう。

正しく退職届を出して、円満に退職できるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す