子供の発疹の原因と対処法|熱なし?かゆい?かゆくない?

子供 発疹 原因

子供の肌はとても繊細です。

私の子供も3歳ぐらいの頃、よく発疹が出来ていました。

子供の発疹ができる理由は、様々考えられますが、かゆい場合や、かゆくない場合など、症状も異なります。

熱が出る場合もあれば、熱なし場合もあります。

しかし、いくらかゆみがない、熱がないからと言っても、かわいい子供の身体に発疹が出来たら可哀想だし、心配になりますよね。

そこで今回は、子供の発疹の原因や症状、対処法などについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

子供の発疹の原因と熱なしの場合の対処法

子供 発疹 熱なし

 

 子供の発疹の原因は様々ですが、子供の発疹で熱なしの場合は、『りんご病』の可能性がまず考えられます。

りんご病はその名のとおり、子供の頬がりんごのように赤くなるのが特徴ですが、頬だけでなく全身に発疹があらわれます

 りんご病の原因は、パルボウイルスB19という名前のウイルスです。

りんご病のウイルスは、市販薬では治りませんので、子供に発疹があり、熱なしの場合は、すぐに病院を受診してください。

もちろん、ウイルスに感染しているため、熱があってもなくても、いつもより元気がないはずです。

 

また、子供の発疹の原因は、単なる汗疹の場合もあります。

子供の発疹で夏場に多いのが汗疹で、りんご病と同じく、熱なしなのが特徴です

 通常、子供は大人に比べて汗をよくかくので、体調がいつもと変わらず元気にしているのに、赤い発疹が出来ているのであれば、汗疹の可能性が高いと考えられます。

 

 子供の発疹の原因で熱がない場合、もう一つ考えられるのが、小児乾燥型湿疹です。

小児乾燥型湿疹は、背中やお腹などに、ザラっとした小さな発疹ができるのが特徴です

 乾燥しているため、汗をかくとかゆみや痛みがあったりするので、注意してください。

また、小児乾燥型湿疹は、冬場に多い発疹です。

 

このように、子供の熱なし発疹の原因は、いくつか考えられます。

対処法としては、発疹が出た場合は、自己判断せずに、まずは皮膚科か小児科を受診するよう心がけましょう。

どちらに行くか迷うときは、まずはかかりつけの小児科に行くのが間違いないと思います。

スポンサーリンク

子供の発疹で、かゆい、かゆくない発疹の違いについて

子供 発疹 かゆい

 

子供の発疹で、かゆい発疹と、かゆくない発疹がありますが、同じ発疹でも原因や症状もさまざまです。

 子供の発疹でかゆいと感じる場合は、突発性発疹や帯状疱疹、蕁麻疹などの可能性があります。

 逆に、子供の発疹でかゆくない場合は、手足口病や、水いぼや、とびひなどの可能性があります。

 

まず、子供の発疹でかゆい症状が出る帯状疱疹ですが、帯状疱疹はかゆみだけでなく、痛みも伴います

病院で薬を処方してもらうのが一番の対処法ですが、家庭での食事療法なども大切で、一番効果的なものは、生姜だと言われています。

生姜はウイルスに対する抗菌、解毒、鎮痛といった、全ての作用を兼ね備えているだけでなく、血行の促進や免疫力を高めるので、非常に優れた食材です。

 

 蕁麻疹の原因は色々ありますが、子供であれば食べ物のアレルギーが多いと言われています。

症状によっては、呼吸困難など重篤化する可能性もあるので、重篤化した場合は、すぐに病院を受診してください。

また、突発性発疹は、夏場に多い発疹で、保育園などで感染したりすることが多く、下痢を伴うつらい発疹です

 

 子供の発疹でかゆくない発疹についてですが、突発性発疹と同じく、夏場に流行するのが手足口病です。

手足口病は、手のひらや口、足裏などに小さい水泡ができ、微熱を伴います

 水いぼは、ウイルスが原因で起こる発疹ですが、水いぼをつぶすと感染が広がってしまうので、注意が必要です。

水いぼは、光沢がある水泡ができるのが特徴です。

 とびひは、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌により感染し、患部から出る浸出液によって、感染が広がっていきます。

 

まとめ

子供の発疹は原因や症状も様々です。

水いぼやとびひ、手足口病など、感染が広がっていってしまう発疹もあるので、発疹ができたら、むやみに触ったりしないようにしましょう。

とは言っても、小さい子供は、気になったら直ぐに触ってしまうので、触って感染が広がってしまう前に、すぐに病院を受診するようにすることが大切です。

「かゆみがある」「かゆみはない」「熱がある」「熱はない」いずれにしても、発疹ができていたら、まずは病院を受診することを心がけましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す