1. TOP
  2. 生活
  3. 睡眠中のこむら返りの原因は?ふくらはぎや太ももの対処法は?

睡眠中のこむら返りの原因は?ふくらはぎや太ももの対処法は?

こむら返り、関西ではこぶら返りとも言うようですが、経験したことがある人であれば、その痛みはなかなかのものだと思います。

なぜ、そのような症状が出るか、原因はご存知でしょうか。

睡眠中、ふくらはぎがこむら返りになってしまう時、何故痛みが出てくるのでしょうか。

ついでに対処法や太ももの場合も知りたいなんて人もいるかもしれないので、まとめていきたいと思います。

もしかしたら大きな病気の可能性もあるので、気になった人は早期受診を心がけてくださいね。

Sponsored Link

睡眠中のこむら返りの原因は?ふくらはぎは何故痛くなるのか?

睡眠中のこむら返り

 

こむら返り、この言葉を知っている人は多いと思いますが、原因を知っている人は少ないのでしょうか。

よくなる人も、なんでこんなに痛いのだろうと不思議に思っている人は多いと思います。

睡眠中にふくらはぎがこむら返りをする、その原因についてまとめていきます。

睡眠中のふくらはぎのこむら返り、経験したことある人も多いのではないでしょうか。

[icon image=”check-b-r”] 原因はいくつか考えられます。 [colored_box color=”light‐green” corner=”r”]一番怖いのが病気ですので、もし他にも気になる症状が出ているのであれば、早めに病院を受診するべきであると思います。

たとえば喉のかわきや、手足のしびれ、むくみやだるさ、不眠などを感じていれば受診はしておいたほうがいいでしょう。

肝臓疾患や腎臓疾患の可能性も否定できません

また、立っているのが辛かったり、足がしびれていたり、筋力の低下などが見られれば、投入病の神経障害の可能性だってゼロではありません。

若くても疾患の可能性はゼロではないので、気になることがあれば病院へ行くことをお勧めします。[/colored_box]

さて、睡眠中のふくらはぎについてですが、もちろん病気でない可能性もありますし、むしろ一般的には病気ではない可能性のほうが高いぐらいです。

なぜ、寝ている間に起こるのかと言えば、布団の重みが理由の場合があります

[icon image=”point-b-r”] 布団の重みによって膝が伸びてしまし、それによって足が下向きにまり、その状態でふくらはぎの筋肉の筋緊張が起こり、足がつるすなわちこむら返りが起こるのです。

他人事のように話ましたが、私自身も実は頻繁になっていて、痛いのはもちろん、寝不足にもなるし、疲れもとれないしで、本当に辛いことでした。

そして、なんとかいい方法はないかと調べてみたところ、膝の下にタオルを丸めたものやクッションなどを入れて寝るのが一番効果的でした。

膝の下にタオルを丸めたものやクッションなどを入れてることで、足が下に向かないように防いでくれるので、頻繁に起こり悩んでいる人は是非一度試してみてくださいね。

Sponsored Link

 

こむら返りの対処法、太ももがなった時はどうするの?

こむら返りの対処法

 

こむら返り、よくあるのは寝ている間に脹脛がつることですが、中には他の部位に起こる場合があります。

その場合の対処法は是非知っておいた方がいいでしょう。

太もものこむら返りの対処法についてまとめていきます。

[icon image=”check-b-r”] 太もものこむら返りの原因ですが、いくつか考えられます。 [colored_box color=”light‐green” corner=”r”]たとえば水分や塩分が不十分である場合、栄養が不十分な時、妊娠によるものや冷えによるもの、過度な運動でなる場合もあれば、逆に運動不足でなってしまう場合もあります。

そして一番怖いのはやはり病気でしょう。

頻繁に起こる場合、他に気になる症状がある場合はすぐに病院に行くようにしてください。[/colored_box]

では、実際に太ももがなった時はどうすればいいのでしょうか。

[icon image=”point-b-r”] いろいろ方法はあるかと思いますが、一番効果的な方法はストレッチをして、しっかり伸ばしてあげることです。

例えば起立した状態で、なったほうの足首を後ろにもち、太ももの裏側と脹脛の内側がくっつくようにします

出来るだけ密着させた方が治りがいいと言われています。

[icon image=”point-b-r”] そして大事なことは、痛みがおさまるまでしっかりと固定することです。

筋肉の緊張によって起こるものですし、一番筋肉量が多い部位とも言われていますので、しっかり固定して痛みがおさまるのを待つようにしてください。

[colored_box color=”light‐green” corner=”r”]また、逆に裏側がなってしまった場合は、足首と腰が同じ高さになるように、ベッドや椅子などに足首をのせて、しっかりとつま先をあげて、太ももとお腹を近づけてください。

それによって裏側のストレッチになるので、同様に痛みが治まるまでしっかりと固定するようにしてくださいね。[/colored_box]

また、日ごろからストレッチをしておくことも非常に重要です

[colored_box color=”light‐green” corner=”r”]例えばお風呂上りに10分でもストレッチをすることで、なりにくい身体づくりをすることが出来ます。[/colored_box]

私も頻繁になっていましたが、毎日15分、必ずストレッチをするようにしたら、だいぶ改善されたので、良かったら試してみてください。

 

まとめ

こむら返りの原因についてはもう大丈夫ですね。

睡眠中にふくらはぎになる場合は、布団が重く、足が下を向いてしまった状態で筋肉が緊張してしまうことがありますので、その場合は丸めたタオルやクッションなどを膝の下に入れて予防をしましょう。

対処法、太ももの場合であれば、表側、裏側でもストレッチをしてください。

しっかりと伸ばす、治るまで伸ばすのがポイントです。

また、どちらにしてもそれ以外に気になる症状があれば、一度受診をしておいた方がいいでしょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

気になる生活情報!の注目記事を受け取ろう

こむら返り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

気になる生活情報!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 親孝行したい時には親はなしの意味を知った突然の父の死と原因とは?

  • ぎっくり腰の原因と症状とは?治療方法や簡単な予防方法とは?

  • 40代の独身男性の理由は?性格は?生命保険と貯金は?

  • 【あがり症の震えの原因と症状】克服する呼吸法とトレーニングとは?

  • カーペットの汚れを塩で取る方法とは?血がついた場合はどうする?

  • 引っ越し祝いを友達に贈る場合は何がいいの?お金でも大丈夫?