こむら返りと肉離れの違いと見分け方はどこ?予防法はどうする?

こむら返り 肉離れ

こむら返りと肉離れは症状が似ているような感じがしますが、どこがどう違うのか分からない人が多いはずです。

そこで、それぞれの見分け方を紹介しますので、もしも怪我をした時にはどちらになったのか見分けます。

また、それぞれの違いを見極めて、自分の周りの人が怪我をした時に、直ぐに対処出来るように覚えておきましょう。

さらに、こむら返りにならないための予防法も紹介します。

Sponsored Link






こむら返りと肉離れの違いと見分け方はどこ?

こむら返り 肉離れ 見分け方

 

 こむら返りと肉離れの見分け方と違いは、肉離れは筋に強い収縮が起きた時に生じる伸張ストレスにより、血管や筋繊維や腱膜や腱膜の破損が生じて起きます。

破損が少ないと痛みが少なく、破損が大きいと痛みが大きくなります。

こむら返りは、筋肉が痙攣して収縮して固くなって、かなり痛くなります。

我慢をして2分くらい経過すると、自然に治まってきます。

こむら返りと肉離れの見分け方は、肉離れの方がこむら返りよりも何倍も痛みが強い所です

 もう1つは、2分以上痛みが続いている場合は、肉離れの可能性が高くなります。

こむら返りと肉離れの違いは、こむら返りはふくらはぎの筋肉が緊張する事がほとんどです。

肉離れは急性期は、2日ぐらい局所を冷却して、包帯で圧迫や固定をします。

その後は徐々に関節自動運動を開始して、包帯を外していきます。

こむら返りと肉離れの見分け方との違いは、痛みが強くて長引く場合は肉離れです。

Sponsored Link


こむら返りの予防法は一体どうする?

こむら返り 予防法

 

 こむら返りの予防法の1つ目は、こむら返りをする原因の1番多い脚の筋肉疲労で、特にふくらはぎの疲労をなくす事です。

むくんでいる場合は、着圧ソックスを履いたり血流を促すために、温かいお風呂に入ったりリンパマッサージを行ったりします。

脚を細くするだけではなく、筋肉疲労を予防してこむら返りを予防できます。

着圧ソックスなら、日中に普通の靴下のように履く事ができます。

 こむら返りの予防法の2つ目は、脚の冷えを予防します。

脚が冷える事でも起こるため、お風呂や足湯に入ったり身体の中から温まるようにします。

こたつに入っても脚が温まるが、身体の外側が温まっているだけであるため直ぐに冷たくなってしまいます。

寝ている間に冷えてしまうため、脚を温める時には体の内側から温めるようにします。

また、温かい布団を掛けていても脚が外に出てしまい、キンキンに冷えている事もあります。

脚を温めるために靴下を履いたまま寝ると、反対に血流を悪くさせるので避けます。

 こむら返りの予防法の3つ目は、マグネシウム不足を予防します。

マグネシウムが多く含まれている食品は、ナッツ類や海藻類や大豆製品や干しエビやするめ等の魚介類等です。

食品で摂取するのが理想的ではあるが、中々バランス良く食べるのは難しいのが現状です。

この場合には、マグネシウムのサプリメントを利用すると、手軽にいつでも摂取出来ます。

サプリメントはドラッグストアで簡単に購入が出来るため、食品から摂取するより簡単です。

 

まとめ

こむら返りと肉離れの見分け方や違いは、痛み方の大きさで、肉離れはかなり痛い経験があります。

また、長い時間痛むと肉離れで、直ぐに治まるとこむら返りになります。

違いが分かれば、万が一自分や周りの人が怪我をした時に、どちらになったのか見極める事が出来るようになります。

こむら返りにならないようにする予防法は3つあり、どれも普段の生活で行える事ばかりです。

日常生活の中に採り入れて、こむら返りにならないように気を付けます。

少しの事を注意して摂り入れる事で、こむら返りを防げます。

Sponsored Link





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください