1. TOP
  2. 生活
  3. 火山の噴火は大地震の予兆なのか?その仕組みと最悪どうなる?

火山の噴火は大地震の予兆なのか?その仕組みと最悪どうなる?

生活 この記事は約 6 分で読めます。

御嶽山や浅間山、そして、箱根山の噴火に続き、阿蘇山や桜島でも噴火が続いていますよね。

こんなにも日本各地で火山の噴火活動が続くと、この先どうなっていくのだろうと、友人と話していました。

次々と火山の噴火のニュースが入ると、地下で何が起こっているのだろう、と不安になります。

そこで今回は、火山の噴火は大地震の予兆なのか、また、火山が噴火する仕組みや、火山が噴火すると最悪どうなるのか、などについて紹介していきましょう。

Sponsored Link

火山の噴火は大地震の予兆なのか?

最近、立て続けに起きている火山の噴火は、地下で何かの活動が活発になってきているのかと不安になります。

地下での活動となると、考えてしまうのが地震ですよね。

しかも、日本各地いろんなところで噴火が続いているとなると、やはり南海トラフ巨大地震が起こる予兆なのかと疑ってしまいます。

 

火山の噴火と大地震は密接な関係にあるようですが、因果関係については未だにはっきりとしていません。

噴火があったから大地震、また、反対に大地震があったから噴火ということではないようです。

つまり、火山の噴火が大地震の予兆かどうかが分かるのは、その後、何かが起こってからでないと正確にはわからないのが現状なんです。

 

もしも火山の噴火でその後の予想が立てられるのであれば、今後起こる地震の予測もできるようになっているのかもしれませんね。

 

新燃岳 噴火 霧島連山

 

火山が噴火する仕組みとは?

では、火山が噴火する仕組みとはどうなっているのか、そのメカニズムを簡単に説明しましょう。

火山の地下にあるマグマの状態は、高温高圧の状態でたくさんのガスが溶け込んでいます。

そのガスの9割が、マグマに溶けた水が気体になった水蒸気なんです。

 

そして、マグマが地表近くへ移動し、たまったものがマグマだまりと言われています。

このマグマだまりからさらにマグマが上昇していくと、全体の圧力が下がってしまい、ガスが気体となって泡立ち始めます。

すると、マグマの体積も増えてしまい、どんどん地表に出ようとする力が働きます。

ちなみに、水が水蒸気(気体)になる時には、体積が1000倍ぐらいになると言われています。

その力が膨大なエネルギーだということがわかりますよね。

 

さらに圧力が下がっていき、この現象がどんどん加速していきます。

そして、マグマが地表近くに来ると、一気に上昇してしまい、火口を押し開いて噴き出してしまうのです。

 

ちょっと難しい話ですよね。

では、少し簡単な例え話に置き換えてみましょう。

 

火山が噴火する仕組みは、よくペットボトルに入った炭酸飲料に例えられます。

炭酸飲料の入ったペットボトルを振るとどうなるかわかりますよね。

蓋を開けた途端、一気に噴き出してしまいます。

 

つまり、火山が噴火する仕組みは、そういうメカニズムだということです。

Sponsored Link

 

火山が噴火すると最悪どうなる?

火山が噴火すると、私たち人間だけではなく、動物や植物などの生き物、食べ物、森林、そして、地球そのものにいろんな被害をもたらします。

火山の噴火では、火山灰だけでなく、溶岩流や火砕流、土石流が発生し、最悪は大災害をもたらします。

 

溶岩は、温度が1000度を超えるものもあります

また、溶岩が火口から流れ落ちてくると、そこにある建物や住宅、そして、畑などをすべて焼き尽くしてしまいます。

 

火山灰は、呼吸して生きている人間や動物などの生き物に悪い影響を与えます

また、降り積もった火山灰は、野菜などの農作物にも被害を与えます。

火山灰の重みで建物が壊れてしまうこともあります。

 

そして、一番恐ろしいのが火砕流です。

火山灰とともに高温の火山ガスが噴出され、その速さは1秒間に100mを超えるとも言われています。

この高熱で有毒なガスは、生物の命を一瞬で奪ってしまいます。

1991年の雲仙普賢岳の噴火や昨年の御嶽山の噴火でも、火砕流でたくさんの方が亡くなられました。

また、火砕流には莫大な力があり、建物さえも簡単に壊してしまうのです。

 

さらに、噴火の後に雨が降ると、斜面などに積もった火山灰が石や木を巻き込みながら山の麓まで流れ込み、大きな被害をもたらす土石流が発生することがあります。

つまり、火山の規模が大きければ大きいほど、その被害は甚大になるということです。

 

ポイント!

富士山が噴火すると、東京や神奈川、埼玉、千葉まで火山灰の被害を受けると想定されています。

 

首都機能が正常に維持できるのかさえ分からないというのが、大きな問題にもなっているのです。

 

そんな火山の噴火に、私たち人間ができることは何なんでしょうか?

大自然を相手に火山の噴火を避けることは、到底不可能です。

だとしたら、迅速に非難する方法や防災に対する備えをしっかりと準備しておくことぐらいしかできないと思います。

 

ポイント!

火山の噴火は地震とは異なり、事前に噴火警報が出されます。

 

なので、防災情報を常に確認し、事前に避難先を決めておき、噴火する前に非難するようにしましょう。

そのためには、防災用品だけでなく、車のガソリンは常に満タンにしておくなどの備えも必要ですよ。

>> 防災用品・非常食などの一覧(楽天市場)

 

東海地震(南海トラフ巨大地震)が切迫している理由

 

「南海トラフ巨大地震」シミュレーション

 

まとめ

火山の噴火と大地震は、何か関連性があるのではないかと思ってしまいます。

実際のところ、今はまだ、はっきりとしたことが解明されていないのが現状です。

でも、大地震は急に発生することもありますが、火山の噴火には地震などの予兆があるのは確かですよね。

なので、予兆や噴火警報などを確認して、しっかりとした避難準備や防災の備えをしておくことが大切です。

そしていつかは、大地震の予兆が明確にわかるようになり、大地震の予測ができる日が来ることを願いたいところです。

\ SNSでシェアしよう! /

気になる生活情報!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

気になる生活情報!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スタッドレスタイヤの前後輪、前後違うのは大丈夫?交換費用は?どこでするの?

  • 【トゲが刺さった時の対処法】刺さったトゲが見えない時の抜き方は?

  • 【ヒトカラに行った体験談】一人カラオケのメリットとデメリットは?

  • じゃがいもの賞味期限の見分け方!2ヶ月ももつってホント?野菜室に保管するの?

  • 冷凍庫に保存する期間はどのくらい?失敗しない保存方法とは?

  • ホットプレートの焦げ付きを防止と焦げ付きを取る方法!洗い方は?