熱中症の水分補給にアルコール摂取がダメな理由とは?

真夏の季節に、冷えたビールやチューハイなどのアルコール飲料は仕事の疲れも吹き飛ぶ程ですよね。

でも、熱中症の水分補給にそうしたアルコール飲料は、絶対にダメだって知ってましたか?

そこで今回は、熱中症の水分補給にアルコール摂取がダメな理由とは何なのかについて、ご紹介します。

スポンサーリンク


熱中症の水分補給にアルコール摂取はなぜダメなの?

熱中症の予防対策や水分補給にアルコールを摂取するのはなぜダメなのかと言うと、

ビールやチューハイなどのアルコール飲料には、利尿作用があるからなんです。

なので、アルコール飲料で十分に水分補給したつもりでも、その利尿作用によって、体の中から逆に水分が奪われてしまうのです。

 

もう少し詳しく説明すると、

アルコールを飲んでいない普通の状態のときは、脳からの信号が腎臓に伝わり、尿の量を調節する役目のホルモンが出るようになっています。

ただし、アルコール飲料を摂取すると、そのホルモンの調節を制御してしまうため、尿の量が増えてしまい、体は水分不足になるというわけなんです。

なので、アルコール飲料を摂取した後は、どうしてもトイレに行く回数が増えてしまいますよね。

 

つまり、真夏に外で大汗をかいた後、冷えたビールやチューハイなどを飲んで水分補給は十分にしたつもりになっても、実はそうではないのです。

実際のところは、アルコール飲料に含まれている水分だけでなく、体の中の水分もより多く体外へ自然と排出されることになります。

すると、体の脱水症状がさらに進んでしまうので、夜中に熱中症の症状で救急車で搬送される事例も結構多いんですよ。

 

  また、アルコール飲料と一緒に塩分の多い魚とか食べてしまうと、塩分中に含まれているカリウムがアルコールの利尿作用をさらに高めてしまいます。

なので、夏場の熱中症対策で水分補給する場合には、ビールなどのアルコール飲料ではなく、麦茶やスポーツ飲料などでしっかりと水分を補給するようにしましょう。

 

まとめ

熱中症の予防には水分補給が大切だということを認識している方は多いと思います。

しかし、意外と知られていないのが、アルコール飲料は熱中症の水分補給には適していないということです。

今回は、なぜそうなのかを説明してみましたので、是非参考にされてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す