ズボンの膝が伸びるのを直すアイロンのかけ方とプリーツを長持ちさせる方法

ズボンのひざが伸びた状態を、膝が出るって言いますよね。

ズボンを長く履いていると、どうしても膝の部分だけが丸く伸びてしまいます。

そこで今回は、ズボンの膝が伸びるのを直すアイロンのかけ方ズボンのプリーツを長持ちさせる方法についてご紹介します。

スポンサーリンク


ズボンの膝が伸びるのを直すアイロンのかけ方

ズボン 膝 伸びる

いくら一流デザイナーのスーツでも、ズボンの膝が伸びていると台なしです。

長時間座りっぱなしとか、雨の日などにズボンを履くと膝が抜けることが多くあります

そんな場合の簡単なアイロンのかけ方をご紹介します。

と言っても本当に簡単なんですよ。

膝が伸びたズボンの裏からアイロンをかけるだけです。

また、スチームアイロンなら蒸気を浮かせた状態であてると元に戻ります。

 ほとんどの場合は、この方法で膝が伸びたズボンは元に戻すことができます。

 

 しかし、頑固に膝が出る状態になっている場合は、次の方法を試してみてください。

 まず、膝が伸びたズボンを裏返します。

 次に、膝が伸びた周辺に水スプレーかけます。

 その後、外側から中心に向かって、丸く伸びた部分を追い込むようにアイロンをかけます。

 水スプレーをしながら何度か繰り返します。

 丸く伸びた部分が小さくなったら、アイロンで押さえながら完全に丸みを取るように伸ばします。

 最後にズボンを表側にて、普通にシワを伸ばすようにアイロンをかけたら完了です。

ちなみに、何度もズボンの膝が伸びるようなら、ズボンプレッサーを買うのも一つの方法です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】東芝ズボンプレッサー HIP-T36-S (HIPT36S)
価格:12300円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)

スポンサーリンク


ズボンのプリーツを長持ちさせる方法

ズボンのピシっとしたプリーツがあると、どことなく清潔感がありますよね。

でも、長いこと履いているとプリーツも消えてしまいます。

そこで、ズボンのプリーツを長くもたせる方法をご紹介します。

 まず、ズボンを逆さまにして、スカート吊のクリップで裾の部分を挟みます。

 この状態で一晩吊るしたままにしておくと、ズボンのプリーツが長持ちします。

なお、この状態からクリップしたままでズボンプレッサーにかけると、プリーツが二重になることもありません

 

まとめ

今回は、ズボンの膝が伸びるのを直すアイロンのかけ方とズボンのプリーツを長持ちさせる方法についてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す