結婚式の受付は誰にする?親族でもいいの?人数は何人必要?

結婚式 受付

結婚式を行うときに、意外に悩むのが受付です。

お金を扱うので信用のできる人にしか頼めませんし、もちろん結婚式場のスタッフにも頼めません。

友人に頼むのがいいのか、会社の先輩に頼むのがいいのか、身内に頼むのがいいのかも悩むところです。

また、人数も何人がベストなのでしょうか。

一人でいいのか二人がいいのか、初めてだと分からないことだらけですよね。

そこで今回は、結婚式の受付は誰にするのか、親族でもいいのか、人数は何人必要なのか、などについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

結婚式の受付は誰に頼む?親族でも大丈夫?

結婚式 受付 誰

 

結婚式の受付を誰に頼むのか、結婚式をする上で悩みやすいところだと思います。

 結論から言えば、やはり声をかけやすく気軽に頼めそうなのは友人だと思います。

大切なゲストから大事なお金を預かり、会場へ案内をする大切な役割ですので、責任感が強く、信頼ができる人に頼むのが何より大切です。

また、ゲストと顔を合わせやりとりをすることになるので、人当りがよい人が好まれるでしょう。

 

では、結婚式の受付を親族に頼むのはありなのでしょうか。

結論としては、もちろんありですが、一般的にはあまり多くはないようです

 結婚式の受付を誰に頼むか迷ったら、まずは友人や会社の同僚にあたるの場合が多いようです。

結婚式の受付を親族にお願いすると、お願いされた親族がせわしなくなってしまう場合もあります。

何故なら、結婚式は親族の出番も多く、披露宴が始まるまでの間に親族紹介があったり、親族写真を撮ったりする場合などがあるからです。

受付の仕事は大きく分けると、ゲストを迎え、ご祝儀を預かります。

席次表を渡して会場に案内し、最後に預かったご祝儀を渡せば終了です。

結婚式の受付で誰に頼むか迷ったら、まずは信頼できる友人に頼むが一番だと思います

 また結婚式に呼ぶのが親族ばかりの場合であれば、受付ももちろん親族に頼むことになるでしょう。

その場合は、いとこ等にお願いするのが一般的には多いようです。

スポンサーリンク

結婚式の受付人数は何人がいいの?

結婚式 受付 人数

 

結婚式や披露宴の受付の人数は、何人がベストなのでしょうか。

「頼める人が1人しかいない。」、「信頼できる人が3人グループだから、3人でもいいのだろうか。」結婚式の受付の人数について、まとめていきたいと思います。

結婚式の受付は簡単そうに見えますが、大きなお金を扱う重大な役割を担います。

また当日の出席されるゲストと直接接する役割になるので、人当りがよく、笑顔で感じよく接することも大切です。

受付の仕事は大きく言うと、ご祝儀を預かり、席次表を渡し、出席状況をチェックするといったものになります。

また、場合によっては会場を案内することもあるので、臨機応変な動きが求められます。

笑顔の素敵な方、優しい対応のできる方、責任感のある方に受付をお願いすると、お互いのゲストにも好印象を与えられます。

そんな結婚式の受付の人数ですが、一般的には4人が多いようです。

私もこれまで、何十回も結婚式に参加をしましたが、ほとんどの式で受付は4人でした

 ゲストが40人ぐらいまでであれば、2人でも大丈夫かもしれません。

ですが、もちろん受付は両家から出す必要があり、初対面で1対1だと気をつかってしまうことも考えられます。

また、万が一お金のトラブルが起きてしまったら、あらぬ疑いをかけられてしまうこともあるかもしれません。

そのため、極力2人は避けたいところです。

では、両家から3人ずつ、合計6人では正直少し多過ぎます。

どちらかが3人であれば、どちらかは2人にし、多くても5人までにしておきたいですね。

 

まとめ

いろいろ気を使うことが多い結婚式ですが、受付が頼りない人、信用できなそうな人であれば、新郎新婦にもマイナスな印象をあたえてしまうことにもなります。

逆にいえば、受付をお願いする人が、お互いの家族や友人、会社の同僚などにいい印象をもってもらえれば、新郎新婦にもプラスのイメージになります。

お金のことなので、頼みにくいこともあるかもしれませんが、お金のことだからこそ、信頼できる友人2人を選び、お願いするのが一番ではないかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す