サワガニの取れる場所や捕り方は?飼い方と水の深さはどうする?

川遊びをしているとたまに見かけるのがサワガニです。

昔はどこの川にもいっぱいいたのですが、川が汚くなってあまり見かけなくなりました。

でも、川の上流とか森林公園などの小川にはサワガニも結構います。

そこで今回は、サワガニの取れる場所や捕り方サワガニの飼い方と水の深さサワガニって食べれる?食べ方などについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク


サワガニの取れる場所や捕り方は?

サワガニ 取れる場所

サワガニがいる場所は、きれいな水が流れる沢に住んでいます

 特に川の支流付近の分岐のあたりではサワガニがよく取れる場所です。

その付近の小川が流れる石の下や落ち葉が引っかかっている下辺りをひっくり返しながら探してみてください。

結構その辺にいっぱい隠れてます。

 サワガニが取れる時期は、冬場だと岩場などで冬眠していますが、それ以外の温かい時期になるといつでもいます。

 サワガニの見つけ方は、早朝や夕方ぐらいの方が活動が活発になるので、子どもでも10匹ぐらいならすぐに見つけることができます。

 サワガニの捕り方は、大人だと手や足で押さえつけながら捕ることができますが、小さな子どもだと難しいかも知れません。

そんな場合は、割りばしにヒモをくくりつけ、その先にエサを付けたものをサワガニが居そうな岩の下などに持って行きましょう。

エサは、ジャコやサキイカを小さくしてくくりつければ大丈夫です

そうやって岩の間や石の下辺りにたらしてしると、クンクンとエサをハサミでつかもうと食いついてきます。

後は割りばしの竿を引っ張り上げるタイミンが次第です。

エサに反応してクンクンしても、すぐに引っ張り上げたりしてはいけません。

 ここはタイミンが必要なのですが、クンクンの後、ちょっと間を置いて、もう一度強くクンクンした時にそっと引き上げてみましょう。

そうすると、小さな子どもでも意外なほどサワガニがいっぱい捕れますよ。

サワガニの飼い方と水の深さは?

沢で捕ってきたサワガニを家で飼う場合、飼い方って中々分からないですよね。

そこでサワガニの飼い方をご紹介しましょう。

まずサワガニという生き物は、成長して大きくたる度に水中で脱皮を繰り返します

 そのため、サワガニの体が完全に隠れるぐらいの水の深さが必要です。

 また、普段は岩や石の下などに隠れて住んでいるため、同じような環境にしてやることがサワガニにとって住みやすい場所となります。

この二つの条件を満たすような池などがあると、サワガニも冬眠したり産卵したりして長生きしますよ。

なお、水槽でサワガニを飼う場合は、中の水を頻繁に替えていつもきれいな水にしておく必要があります

なぜなら、サワガニはきれいな水でないと生きれないからです。

特に水道水を使う場合は、塩素などが入っていると死んでしまうことが多いので注意してくださいね。

サワガニを飼う場合のエサは、市販している金魚のエサで構いません。

スポンサーリンク


サワガニって食べれる?食べ方は?

サワガニって食べれるのかと疑問に思う方も多いと思います。

サワガニは食べれます

 ただし、サワガニにはジストマ(吸虫)という寄生虫がいる場合が多いので、生で食べたりしないで、必ず加熱してから食べるようにしてください。

大体80度以上で加熱すると、中のいる寄生虫は死んでしまいます

 サワガニの一般的な食べ方は、唐揚げや天ぷらにして食べることが多いですね。

唐揚げや天ぷらにする場合の加熱時間や調理時間は、普通に食材を唐揚げや天ぷらにするのと同じで構いません。

目安としてはサワガニの色が赤くなって、割った時に中の肉が白くなっていれば大丈夫です。

大体2分~3分ぐらい揚げたら、中まで火が通ってカリッと香ばしく出来上がります。

仕上げに軽く塩コショウを振っておいしく頂きましょう。

 

まとめ

サワガニの取れる場所や捕り方についてご紹介しましたが、関東でも千葉県にある「粟又の滝」の周辺にはまだサワガニがいるそうです。

私も子どもたちを連れてサワガニを探しに行こうと思っています。

ただし、サワガニがいる水辺には人の血を吸うヒルもいるので、サワガニ捕りをする際は注意してくださいね。

 一緒に読むと参考になる情報!

>> サワガニが取れる場所はどこ?取れる時期はいつまで?【都道府県別】

スポンサーリンク


コメントを残す